Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタ、新型コロナウイルスの影響で多くのトップドライバーを輩出してきたスクール『TGR-DC RS』の2020年開催中止を発表

配信

オートスポーツweb

 TOYOTA GAZOO Racingは5月28日、2020年の『TGRドライバー・チャレンジプログラム レーシングスクール(TGR-DC RS)』の開催を中止すると発表した。1995年から開催が続いてきたプログラムだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、参加者や講師、関係者の安全、健康が最優先された。 【過去のFTRSの様子】  TGR-DC RSは、1995年にスタートしたトヨタの若手ドライバー育成のためのプログラムで、当初はフォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)という名称だった。2020年からFTRS、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(TDP)、TGRラリーチャレンジプログラム、WECチャレンジプログラム等のドライバー育成プログラムが『TGRドライバー・チャレンジ・プログラム』という名称の活動に統合された。  なかでもTGR-DC RSは、FTRS時代から世界、日本のトップカテゴリーで活躍できるレーシングドライバーの発掘と、正しいドライビング教育による国内モータースポーツの裾野拡大を目的とし、WEC世界耐久選手権のTOYOTA GAZOO RacingやスーパーGT GT500クラス、GT300クラス、スーパーフォーミュラ等、トップカテゴリーで活躍する多くのドライバーを見出してきた。  ただ26年目となる今季も開催予定で準備を進めてきたが、新型コロナウイルスの影響により、受講生の準備期間が不足していることに加え、収束の方向ではあるものの参加者や講師、関係者の安全、健康を最優先に考慮し、開催中止が決定された。 「TGR-DC RSを受講するために準備されておりました皆さまへ」と題し、TGR-DC RSの関谷正徳校長 からコメントも出された。 「私の人生でも経験したことがない、非常事態になっております。将来を夢みる若いドライバー発掘と正しい運転方法をお伝えする目的で毎年開催しておりましたTGR-DC RSの開催を本年度は見送る決定を致しました。非常に残念ではありますが、準備期間が増えたと思っていただき、来年により成長した皆さまに会えることを楽しみにしております」  TOYOTA GAZOO Racingとしては「未来を担う若手ドライバーへの支援は重要な位置づけであり、来年以降も開催は続けて参りますので、引き続きよろしくお願いいたします」としている。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】