Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『高輪うしまち』:浮世写真家 喜千也の「名所江戸百景」第71回

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
nippon.com

歌川広重『名所江戸百景』では第81景となる「高輪うしまち」。東海道の江戸の玄関口で、様変わりする海と美しい虹を描いた一枚である。

円弧を印象的に配置した広重が、虹に込めた思い

「高輪うしまち」とは、現在の港区高輪2丁目北部にあった「車町」のこと。都営浅草線「泉岳寺」駅の真上辺りで、JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」の目の前だ。東海道(現・国道15号「第1京浜」)の西側沿いの町で、当時は道の東側に江戸湾が広がっていた。 寛永年間(1624-44)に3代将軍・徳川家光は、菩提寺の芝・増上寺内に家康の尊像を祀る「安国殿」や秀忠の霊廟「台徳院殿」を建立した。その際、巨大な石や大量の木材を運ぶために、京都の四条車町などから牛持人足を呼び寄せている。以後も、市ヶ谷見附の石垣建築などで活躍したため、幕府は江戸での牛車運搬の権利と、拠点として「車町」の土地を与えた。当時は東海道の江戸の玄関だった「札の辻」(現・港区芝5丁目、札の辻交差点)の外で、江戸湾の廻船からの荷も積み込みやすい場所であった。 車町の最盛期だった18世紀初頭には、牛が1000頭以上もいたので、庶民は「うしまち」と呼んだそうだ。牛小屋は車町だけでなく、南の八ツ山下(現・高輪4丁目)辺りまで点在しており、子どもの間では「高輪牛町十八丁、牛の小便長いネー」という戯れ歌が流行したという。 春には潮干狩り客でにぎわい、庶民が食べる小ぶりの大衆魚を扱う市場「雑魚場(ざこば)」も開かれ、夜は月見の名所であった。広重は、東海道から江戸湾を望み、「高輪」の「輪」に引っ掛けたのだろうか、近景の牛車の車輪を枠として、空にかかる虹の円弧を対比するように描いている。風を受けて同じ向きに膨らむ船の帆や、食べ捨てたスイカの皮などの曲面も印象的に配置しているのが秀逸だ。車夫のわらじにじゃれる犬の尻も、丸みを帯びているのがおかしい。名所江戸百景には俯瞰で描いたものが多いのだが、この絵では犬の目線に近い、地面すれすれからのローアングルで虹を見上げている。 現在の第1京浜沿いにはビルが立ち並んでいる。2015年にロケハンをして、唯一空が開けていた有料駐車場で撮影するしかないと決めたが、その後、なかなか虹が出てくれない。高輪ゲートウェイ駅の建設工事も始まってしまったので、18年に虹なしで車のタイヤ越しに撮影しておくことにした。この辺りは自動車ディーラーが多く、駐車場には試乗車も並んでいて、かつての「車町」の町名にふさわしい場所に思えた。そして、しばらくすると予想通り、駐車場は閉鎖された。 ようやく虹を撮影できたのは20年5月、コロナ流行による緊急事態宣言下で、外出を控えていた頃だ。うつむきがちな日々を過ごす中、自宅マンションの屋上から久しぶりに空を見上げ、高輪方面に出た大きな虹に感動しつつシャッターを切った。 広重が実際に高輪で虹を見たかどうかは定かではない。ただ、虹の下の海には黒船を迎え撃つために築かれたばかりの品川台場があり、この絵を描いた前年には安政江戸地震によって甚大な被害も出ている。天下太平が250年続いた江戸の町に暗雲が立ち込める中、広重は明るい未来への懸け橋として虹を描き足したのではないかと、自分の気持ちに重ね合わせながら想像し、元の写真に虹を合成して作品に仕上げた。

【関連記事】