Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボディーラインをカッコよく! ニートゥチェストバリエーション【裏切らない筋肉をつくるトレーニング】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【裏切らない筋肉をつくるトレーニング】  筋トレは、正しいフォームで行わなければ狙った筋肉を鍛えられない。今回、スポーツジム「PLAYGROUND」銀座店のエグゼクティブトレーナー、KENICHIさんに指導をお願いしたのは、ニートゥチェストバリエーション。ニートゥチェストの上級者編で、特におへその横の部分から恥骨の辺りまでのウエストラインの引き締めに効果があるトレーニングだ。 「ニートゥチェストバリエーションは、体の片方ずつを使って鍛えていくトレーニングです。少しキツイですが、その分続ければボディーラインにしっかり変化が出ますよ。頑張りましょう」(KENICHIさん=以下同)  さっそく教えてもらおう。 【基本の動作】 ①体育座りをする。手を体の後ろに置き、手のひらは床につけて、軽く肘を曲げる。腕に寄っかかるようなイメージで重心を後ろに預け、背中を大きく丸める。これがスタート位置。 ②まず左のお尻に体重を乗せてから、両足をそろえて胸の近くに引き寄せ(写真A)、次に足を前に押し出す(写真B)。次は右のお尻に体重を乗せて繰り返す。左右交互にゆっくりと行う。左右5回が目標。慣れてきたら10回にチャレンジ。 【呼吸と目線】  息を吐きながら足を寄せ、吸って伸ばす。目線は動いている足。 【気をつけること】  まず、浮いている側のお尻は、しっかり床から浮かす。  次に、お腹の側面に足をぎゅっと寄せるイメージで行う。足を伸ばすときより、寄せるときにぐっと力を入れる。足をまっすぐ伸ばせなければ、できる範囲でOK。膝から下は極力開かないようにする。開くと、トレーニング効果が半減してしまう。  記者がやると、お尻から右ももにかけての部分がつってしまいそうで、2回が精いっぱい。なぜこうもつってしまうのだろうか。 「それは、お尻が硬くなっている証拠です。トレーニング前に筋膜リリースやストレッチボールなどでお尻を軽くほぐしてから、挑戦するようにしてください。両方とも今は手軽にネットで購入できますよ」  普段、座りっぱなし時間が長いことが影響しているのだろうか。まずは入念にストレッチボールでお尻をほぐしてから挑戦してみたいと思う。 (KENICHI/スポーツトレーナー)

【関連記事】