Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダ「ADV150」でキャンプに行こうと思ったら? シート下の収納力に驚いた

配信

バイクのニュース

 これ、結構すごいと思いませんか? この装備があれば、調理は除いて、だいぶ快適なキャンプができるレベルです。食べ物やお酒などは途中のコンビニで購入、というスタイルなら、小さなリュックでも背負っていけば十分でしょう。ご近所を走るスタイルでキャンプまで行けるのです。いやはや「ADV150」のラゲッジボックスの積載能力がここまで高いとは、正直驚きでした。  さて、ここまでは「ADV150でキャンプに行きたいなぁ」という妄想で突っ走ってきましたが、メインとなるキャンプ道具がラゲッジボックスにこれだけ積めるとなると、これはもう実際に行くしかない。そこで、25リットル程度のザックを用意して、ほかに必要そうなものを詰めてみました。コッヘルやバーナーなどの調理アイテムや三脚(撮影用)、焚き火台からレインウェアまで入れても、まだ食材や飲み物を入れる余裕がありました。  キャンプ場に着いて荷ほどきをしてみたら、あらためて「こんなに積んできたのか」と、改めて感心しました。

 結論として「ADV150」はシート下のラゲッジスペース、プラスそこそこの大きさのザックを背負えば、大型バイクで行くのと遜色のない、快適なキャンプが実現できる、ということが分かりました。ルックスだけじゃないアドベンチャーぶりに、ますます魅力を感じてしまいました。

野岸“ねぎ”泰之(ライター)

【関連記事】