Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダ「ADV150」でキャンプに行こうと思ったら? シート下の収納力に驚いた

配信

バイクのニュース

キャンプ用品を積んでみてわかった、ADV150のラゲッジボックスのすごさ

 アドベンチャーテイストにあふれ、SUVライクなスクーターとして発売以来大人気となっているホンダ「ADV150」ですが、ワイルドなイメージのこのマシンを見ていると「キャンプが似合いそう……」と思う方もいるのではないでしょうか。そこで気になるのが「どこまで荷物を積めるのか?」です。今回はシート下ラゲッジボックスを中心に、キャンプ道具がどこまで積めるのか、収納力をチェックしてみました。 【画像】どれだけ入る? ホンダ「ADV150」シート下の収納力をチェック(15枚) 「ADV150」のラゲッジボックスの容量は27リットルで「一般的なサイズのフルフェイスヘルメット1個プラスアルファの収納が可能」とされています。内部はフラットではなくポッコポコといろいろな部分に出っ張りや段差がありますが、タンデム部分の下まで空間がつながっていて、ある程度長さのあるものまで入りそうです。試しに愛用のヘルメット、SHOEI J-ForceIVを入れてみると、スペースにかなり余裕があるのがわかります。  次にキャンプ道具を収納していきます。テントとシュラフ、マットがあれば、最低限「寝るだけ」は可能です(ちなみにテントは軽登山用のコンパクトなタイプ)。その3点セットを入れてみると……「あれ? 全然余裕」と、まだまだ荷物が入りそうです。ならば、とさらに荷物を詰めていくことにしました。目指すのは「ある程度快適に過ごせるキャンプ装具」を収納することです。

 ここから先は立体的なジグソーパズルのように、アイテムがピタリとはまる位置を探して試行錯誤していきます。シュラフはコンプレッションバッグに入れて圧縮してあり、ハンドボールぐらいの球体に近い形になっています。その形状からして前方のヘルメットが入る位置に決定です。テントのポールは壁に沿って斜めに配置し、これも動かせません。  持っていきたい荷物の中で大きな物としては、テント本体、折り畳み式のイスとテーブルです。あれこれ悩むこと数分……テントを横向きにすることでスペースをかせぐというワザを編み出し、隙間に小さなものを詰めることで、様々なアイテムを無駄なくパッキングすることに成功しました。  最終的に積んだのは、テント(本体+ポール)、シュラフ、マット、テーブル、イス、シュラフカバー、ランタン、ヘッドランプという8つのアイテムです。

【関連記事】