Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

色でしくじりゃ~女色に迷い転封された大名・井上正甫(まさもと)【にっぽん歴史夜話】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/砂原浩太朗(小説家) 近年、女性がらみの不祥事で糾弾される芸能人が目につく。窮屈な世の中になったと嘆く声もあがるが、むかしは女色が野放しだったというわけでもない。武士といえど例外ではなく、たとえば江戸時代には、色に迷って一身を棒に振った大名もいたのだった。

譜代大名・井上家の光と影

井上家と聞いてすぐにピンと来る方はすくないだろうが、三河(愛知県)出身の譜代大名である。当初、大身ではなかったが、正就(まさなり。1577~1628)が2代将軍・秀忠の側近として重用され、大坂の陣に功ありとして1万石の大名に取り立てられた。それから10年も経たぬ1622年には遠江(静岡県)の横須賀(軍港の横須賀とは別)に封じられる。5万石をあたえられたうえ、年寄(のちの老中)に列する身となった。この年は、秀忠が隠居し、3代家光が就任する前年にあたる。おのれが実権を持っているうちに出世させておこうという意図と見てよいだろう。むろん、それなりの実力もそなえてはいたろうが、泰平の世となってからの大幅な加増である。秀忠個人の好意がないとは考えにくい。齢も近く(正就が2歳上)、気のおけぬ間柄だったのではないか。 これだけならよくある出世譚だが、正就の運命は思いがけない変転をたどる。この6年後、江戸城内で刺殺されてしまうのだ。相手は目付(監察)の役にある武士で、縁組をめぐるトラブルが原因とされている。不幸なことに、これが江戸城内での刃傷第1号となった。

転封つづきの家系

刃傷によって井上家が咎められることはなく、その後も大坂城代や京都所司代、老中などの要職についた当主を輩出する。そのかわりというわけでもなかろうが、江戸期を通じて転封(領地替え)を繰りかえすこととなった。大名にとって、転封は莫大な費用を要する一大事業。井上家の場合、それが幕末までに十数回というから同情に値する。横須賀に封じられてから130年ほどのあいだに、現代の府県名で記せば、茨城、岐阜、京都、福島などを転々とした(この間、同地域に戻ることも)。宝暦8(1758)年には、浜松(静岡県)に居城をさだめ、ようやく落ち着いたかにみえたものの、ここで本稿の主人公ともいうべき正甫(まさもと。1775~1858)が登場する。 彼は父が若くして世を去ったため、天明6(1786)年、12歳で当主となった。父とおなじ奏者番(そうじゃばん。取次ぎ)のお役をたまわり、大過なく藩主の座をつとめる。が、40もすぎての分別ざかりとなって、とんでもない不祥事を引きおこしてしまう。

【関連記事】