Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

好調なオリーブオイルギフト 大さじ1杯の個包装タイプが登場 いつでも新鮮と多品種ニーズに対応 味の素AGF社

配信

食品新聞

 味の素AGF社は、食用油ギフト市場の中でも好調に推移しているオリーブオイル市場に向けて個包装タイプの「味の素ブランド オリーブオイル パーソナルアソートギフト」を新発売した。  「AJINOMOTOオリーブオイル エクストラバージン」「同オリーブオイル プレミアムフルーティア」「同アマニ油」の3種のオリーブオイルを大さじ1杯(14g)で個包装したギフトで、使用する度に開けたての新鮮さが楽しめるようになっている。  この中で「アマニ」油の原料はアライアンス関係にある太田油脂が供給したものとなる。  瀧川直美リテールビジネス部ギフト開発グループ長は「インスタントコーヒーの瓶が定番だった中で、新鮮さ・持ち運び・使いやすさというニーズに応えてスティックタイプが伸長したように、好調なオリーブオイル市場の中でも、瓶タイプだけではなく、いつでも新鮮といったニーズやいろいろな品種が楽しみたいといったニーズにお応えする」と語った。

 既存品では「味の素ブランド オリーブオイル エクストラバージンプレミアム フルーティアギフト」がパッケージを全面改定して新発売された。   「フルーティア」は、広大で近代的な設備を有したオーストラリアの指定農場で育まれたオリーブを厳選し、摘みたてのオリーブをそのままの状態で12時間以内に搾ることによってフレッシュでフルーティーな風味を最大限に引き出しているのが特徴。新パッケージでは、農園の写真を入れアテンションに特徴を記載して「指定農場で栽培されたオリーブの伝達を強化した」。

 「AJINOMOTOオリーブオイル エクストラバージン」と岩手県産のサバ缶「Ca va(サヴァ)?缶」や内堀醸造の「プレミアムフルーツビネガー青森りんごの酢」を詰め合わせたギフト、太田油脂が原料供給する「えごま油&アマ二油ギフト」などのコラボギフトは継続展開。「ギフト市場のトレンドとして、いろいろなものを楽しみたいニーズが非常に大きくなっている」という。  この中で岩手県産のサバ缶「Ca va(サヴァ)?缶」のアソートギフトは、「エクストラバージン」2本と「オリーブオイル漬け」「パプリカチリソース味」「レモンバジル味」の「サヴァ缶」3種を詰め合わせ3000円で昨年歳暮期に発売開始したところ量販店での動きがよく「30代の若いお客様(贈答者)にご好評をいただいた」と振り返った。  同社によると、昨年中元期(4-9月)の食用油ギフト市場は前年同期比7%減と推定する中、オリーブオイルギフト市場は6%増とみており有望視している。  そのほか食品ギフトの新たな動きとしては「クノール」夏の冷たいスープギフトのパッケージを刷新し「具たっぷり味噌汁」と「クノール」スープを詰め合わせたフリーズドライギフトを新発売した。

【関連記事】