Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

暗号資産の犯罪被害、5カ月で約1500億円──2019年の過去最高額に迫る勢い

配信

CoinDesk Japan

ブロックチェーン分析企業サイファートレース(CipherTrace)は、不正アクセスや窃盗、詐欺などの犯罪による暗号資産(仮想通貨)の被害額が、1月~5月までの間で13億6000万ドル(約1478億円)に達したと発表した。 サイファートレースは6月2日、暗号資産の利用した資金洗浄などの犯罪動向をまとめた報告書を公開し、同社が調査した被害額を明らかにした。年間ベースの被害額では、2019年の45億ドルが過去最高で、2020年は前年に次いで2番目に高い額になる可能性があると、サイファートレースは推測する。2018年の被害額は17億ドルだった。

ウォートークン事件

2020年のこれまでの被害総額で、その大部分を占めるのが中国の詐欺事件による被害で、「ウォートークン(WoToken)事件」として知られる。 中国の巨大なマルチレベルマーケティング(MLM)詐欺、いわゆる「ネズミ講」は、2018年から2019年にかけて10億9000万ドルの被害をもたらした。この被害は5月に判明したばかりだ。 サイファートレースは、ウォートークンの資金──4万6000ビットコイン、204万イーサリアム、29万2000ライトコイン、5万6000ビットコインキャッシュ、そして68万4000イオス──は、依然移動を続けているという。 「古典的なマルチ商法だった」と話すのは、サイファートレースのチーフフィナンシャルアナリスト、ジョン・ジェフリーズ(John Jeffries)氏。 「魔法のアルゴリズム」があるとして、ウォートークンは71万5000人以上の参加者を集め、「自らの重みに耐えかねて崩壊した」とジェフリーズ氏は言う。首謀者たちは現在、中国で裁判にかけられている。

拡大する詐欺犯罪

暗号資産に関連する犯罪では、詐欺事件の増加が増えているという。詐欺による被害額は、ハッキングや盗難の被害額(サイファートレースの推計によると、2020年の被害予測のわずか2%にも満たない)を大幅に上回っている。2019年も、詐欺による被害額はハッキングよりも大きく上回った。 多くの取引所がセキュリティシステムを強化するにつれ、それを突破する不正アクセスの数は減る。しかし、詐欺は、暗号資産企業をより厳しく規制する必要性を浮き彫りにしていると、ジェフリーズ氏は述べる。 「仮にウォートークンがその仕組みを公開することを求められていたなら」、はるかに早く失敗していただろう。「テロリストへの資金供与やマネーロンダリングを防ぐだけではない。情報を持たない消費者を守るためでもある」

【関連記事】