Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米、対中貿易合意の重要性薄らぐ コロナ批判、摩擦再燃も

配信

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米政権は中国の新型コロナウイルスの初期対応などを巡って対中批判を強めている。トランプ大統領は「関係断絶」までちらつかせており、クドロー国家経済会議委員長は26日、対中貿易協議の「第1段階」合意の意義が薄らいだとの認識を示した。今後の対応次第で圧力が一段と強まり、一時休戦となった貿易摩擦が再燃する可能性もありそうだ。  クドロー氏はFOXニュースで「中国は多くの問題を抱えている」と指摘。新型コロナについて「感染源の事実と情報を基本的に隠している」と主張した。米中貿易の部分合意は「かつてほど重要ではなくなった」と述べた。

【関連記事】