Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「女優のような美人」にはなぜ会えない? 婚活の悲劇と知っておくべき相談所の現実

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オトナンサー

 先週から今週にかけて、話題になった記事があります。「『女優のような美人』のはずが……。50代男性が結婚相談所で出会った女性の現実」。デイリー新潮からヤフーニュースに転載された記事です。雑誌総合アクセス1位になっていたので、ご覧になった方も多いと思います。  筆者には、モバイル課金型アプリ初の「恋愛EQ診断」(インデックス・ホールディングス)、結婚相手紹介市場初のアセスメント「結婚EQ診断監修(現在の恋愛傾向診断)」(Zwei)の監修実績があります。婚活市場にも精通しているので、新潮の記事をさらに掘り下げて、「婚活市場の実態」について解説したいと思います。

「結婚情報サービス」とは

 結婚相手紹介サービスは結婚希望者を会員に登録し、コンピューターを使用して、結婚相手を紹介する業態のことです。結婚相談所といえば分かりやすいと思います。結婚情報サービスを利用するには、いくつかの公的データの提出が義務付けられます(戸籍抄本、納税証明書、給与明細、卒業証明書、誓約書など)。会員になったら、ID・PWが付与され、専用画面からログインします。自分が希望する相手にお見合いを申し込むことで活動が始まります。  一方で、結婚情報サービスはトラブルが多い業種ともいわれており、国民生活センターでは特定商取引法の対象にしています。そのため、書面交付義務、不適切な勧誘行為の禁止、クーリングオフ、中途解約時における損害賠償額の制限等の規制が適用されています。 「成婚率90%」「当社の会員は上場会社の管理職が8割」などの広告を流している業者がありますが、実は成婚率90%と表示することに意味はありません。適切なサービスを提供することで成婚率がアップするものではないからです。銀行や投資会社が「もうかります」といえないことと同じで、結婚情報サービスも「絶対、結婚できます」とはいえません。  また、結婚相談所で使用される会員データは共通(同一データ)です。同じデータをもとにマッチングを行いますが、提供する金額はバラバラ(変動料金)です。つまり、「同一データ・変動料金」ということになります。  同じデータであるにもかかわらず、変動料金であるのが興味深いところです。初期投資で年間費数十万円かかるところもあれば、年間費無料でマッチングした件数にのみかかるところもあります。マッチング料金もかなりの幅(5000円~3万円)があり、さらに、マイページの上方修正や写真差し替えに数万円かかる業者もあります。成婚料にもかなりのバラつきがあります。  申し込む時点で相談所をいくつか比較検討する必要がありますが、優良な相談所を見分けるポイントは2つです。一つは申し込む側にとってリスクが少ないこと。登録時の初期費用や月額フィーが安いところはマッチングに自信を持っているので、優良相談所と判断できます。また、相談所の実績やカウンセラーの力量が成果に影響を及ぼします。

【関連記事】