Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【横浜流星】の毎日のルーティン&やる気スィッチの入れ方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOCE

もともとストイックな元空手少年であり、誰も見ていない状況でも自分を甘やかすタイプではない。「進化した自分」を見せるために、横浜流星さんはステイホームの時間を生かして虎視眈々と準備していた。

研ぎ澄まされた美意識と責任感【横浜流星】

<横浜流星/よこはま りゅうせい> 1996年9月16日生まれ。神奈川県出身。2011年、俳優デビュー。昨年『初めて恋をした日に読む話』に出演し話題に。『愛歌―約束のナクヒトー』『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』など、これまで数々の作品に出演。今年は主演ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」が話題に。今夏主演舞台『巌流島』、今秋主演映画『きみの瞳が問いかけている』が控えている。

筋トレと和菓子で蓄えた力をドラマの撮影に注ぎます!

 写真映えする完璧な造形美は健在。どアップのカットを、ずっと見つめていたくなる。しかし、本人は自身の顔立ちを「強いて言えば『まつげが上がっている』くらいで、僕の顔ってほとんど特徴がないんです」と分析する。それが横浜流星という俳優の武器なのだとか。  「濃くもないし、薄くもない顔なので、髪型を変えるだけでガラッと印象を変えることができると思っています。演じる役に合わせてまったく違う顔を見せられるので、俳優としては得なんじゃないかと。今回も役作りの一歩目として、長かった髪をバッサリ切りました」  まさにカメレオン俳優。もとい“イケメン二十面相”だ。浜辺美波さんとダブル主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」では、老舗和菓子屋のクールな跡取り息子に変身する。

 「原作は少女漫画ですが、ミステリー要素やドロドロとした愛憎劇が盛り込まれていて、一筋縄ではいかない物語になっています。僕が演じる椿は、簡単には信念を曲げないまっすぐな男。そのせいで周囲に誤解されることもあり、不器用なところがあります。そういう部分は自分と似ているところがあるので、寄り添いやすい役かもしれません。僕も初対面の人には『無口』『クール』『怖い』という印象を持たれがちなので(笑)」  和菓子職人という設定も、横浜さんにとっては嬉しい要素。彼の引き締まった肉体は和菓子でエネルギーを補給しているという。  「もともと筋トレをする前にどら焼きや羊羹を食べる習慣がありました。和菓子は脂質が少ないので効率よくエネルギーを補給することができるって聞いたことがあって。ステイホーム期間中も体力を落とさないように毎日筋トレはしていましたが、一方で椿になりきるために和菓子作りの練習と試食をしていて。良い相乗効果を生んでいたのかなと(笑)。撮影が再開したら蓄えていた力を出し切って、みなさんにパワーを与えられるような作品を届けたいと思っています!」

【関連記事】

最終更新:
VOCE