Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【未婚シングルマザー】妊娠して幸せの絶頂からどん底へ、無責任男との別れ《前編》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 行政書士・ファイナンシャルプランナーをしながら男女問題研究家としてトラブル相談を受けている露木幸彦さん。今回は交際中の彼との子どもを妊娠し、未婚シングルマザーの道を選択した女性の事例を紹介します。(前編) 【写真】赤ちゃんの父親を証明した実際のDNA鑑定書

結婚できる状態なのに、あえて「しない」

 2020年、いちばん最初に私たちをあっと言わせたのは浜崎あゆみさんではないでしょうか。元旦深夜、昨年末に子どもを出産していたと発表。そんな過去形の報告に思わず「嘘でしょ?」と驚くばかりでした。なぜなら産後2か月も経たないと思われる大晦日のカウントダウンのライブで元気な姿を見せたから。あまりにも復帰が早すぎるでしょう。41歳という年齢を考えると「本当に自分のお腹を痛めたのか。もしかすると代理出産ではないか」という噂が流れたのはまだ記憶に新しいところ。  子どもの父親は20歳年下のバックダンサーの男性とも言われていますが、浜崎さんが彼と結婚する様子はありませんし、彼との関係が良好なのか険悪なのか、今でも続いているのかは定かではありません。「結婚は望んでいないけれど子どもは欲しい」というのは旧来の価値観の枠からは外れています。このように彼との結婚を考えず、最初から1人で育てるつもりで妊娠、出産する女性は「未婚シングル(マザー)」と呼ばれています。  しかし、結婚に対する意識も以前と変わってきています。例えば、NHKの世論調査『日本人の意識調査』(2013年)によると「結婚するのが当たり前だ」と考えている人は1993年の45%から15年間で約10%も低下し、2013年では33%しかいません。結婚という形にこだわらない人が増えていることがわかります。  結婚は望まないけれど子どもは欲しいと筆者のところへ相談しに来る女性は、今までも一定数、存在しましたが、これは相手が既婚者の場合が多いです。妻がいる彼と不倫してできた子を人知れずに育てていく。いわゆる「許されざる恋」ですが、未婚シングルの場合は違います。未婚シングルはお互いに結婚できる状態なのに、あえて「しない」のです。   妊娠が判明し、幸せの絶頂だったのも束の間。彼が責任から逃げようとし、地獄へ突き落されたのは今回の相談者・黒澤真美子さん。 <登場人物(全て仮名、年齢は相談時点)> 相談者:黒澤真美子(36歳。契約社員。年収350万円) 彼:城田桔平(38歳。地方公務員。年収822万円) 相談者の母:黒澤恵子(70歳。パートタイマー。年収120万円)

【関連記事】