Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富山市で37.5℃ 全国今年最高 7日(金)は関東、東海で猛暑

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 6日は日本海側を中心に、猛烈な暑さに見舞われた。富山市では午後1時過ぎ、最高気温が37.5℃まで上がり、全国で今年一番の暑さとなった。  6日は東北南部、東・西日本で晴れた所が多く、日本海側は午前中から35℃を超えた所がある。35℃以上の猛暑日は59地点で(午後3時まで)、兵庫県豊岡市37.2℃、石川県小松市36.9℃、鳥取県米子市36.7℃、福井市36.2℃など、山越えの南風が吹いた日本海側を中心に暑さが際立つ一日となった。

7日(金)大雨と猛暑

 7日は台風から変わった低気圧が近づく北海道で荒れた天気となり、本州の日本海側や九州北部でも雨や雷雨となる所がある見込み。

 一方、東北南部や東・西日本の太平洋側では晴れる地域が多く、日中は関東や東海を中心に35℃以上の猛暑日となる見通し。東京都心でも、今年初めて気温が35℃を超える可能性がある。熱中症の危険度が特に高くなるため、こまめな水分補給や休息を心がけたい。

週末以降の天気

 北日本は東北を中心に9日(日)ごろまで大雨のおそれがあり、北海道は来週にかけても曇りや雨の天気が続く見込み。東・西日本は9日まで日本海側で雲が取れにくいが、太平洋側は関東を中心に土日とも晴れて厳しい暑さが続きそうだ。  10日(祝・月)以降は、晴れの範囲が日本海側にも広がる見通し。内陸を中心に猛烈な暑さが予想されるだけでなく、その状態が1週間近く続く可能性がある。お盆期間と重なることもあり、熱中症など健康管理により一層の注意が必要だ。 (気象予報士・高橋和也)

【関連記事】