Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日系人収容所、世界チャンピオン、資産家:とある日系三世の数奇な半生

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文・写真/賀茂美則(海外書き人クラブ/アメリカ、ルイジアナ州在住) 1967年7月29日、カナダ、マニトバ州ウィニペグ。目の前にあるのは135kgのバーベル。全身のバネを使い、一気にバーベルを引き上げる。見事に成功し、満面の笑み。プレス、スナッチ、ジャーク合計352.5kg、日系三世のウォルター・イマハラが重量挙げパンアメリカン大会フェザー級のチャンピオンになった瞬間である。

ウォルターはアメリカの深南部ルイジアナには珍しい日系三世。1937年2月、カリフォルニアの裕福な農家に生まれ、ピアノのある家と広大なイチゴ畑にぶどう棚、庭には鶏が放し飼いになっている何一つ不自由のない生活を送っていた。平和な生活は1941年12月を境に一転する。真珠湾が日本軍の機動部隊によって攻撃されると日系人に対する差別が激しくなり、翌年、西海岸に住む日系人は収容所に送られることになる。アメリカ生まれの3世で、日本語は覚束ないアメリカ国籍のウォルターもその一人だった。両親と7人のきょうだいとともに最初にあてがわれたのはフレスノ市にある馬小屋だったという。その後、そこで生まれた妹を含む家族10人とともに南部、アーカンソー州の日系人収容所に移動。やんちゃなウォルターは「収容所は楽しかった」というが、鉄条網と銃を手にした監視兵に囲まれたバラック住まいは両親にはこたえたに違いない。

立ち退きを迫られた土地や家屋はただ同然で手放したので、終戦後、一家は一文無しであった。全てを失ったカリフォルニアには戻らず、「人種差別が少ない」と人から聞いた隣のルイジアナ州に移住したのが運の尽き。父親が小作農や庭師として生活しようにも、雇ってくれるのは似たような立場のユダヤ人だけだったという。食べるものにも欠き、まさに地面に這いつくばるような貧困生活の下、他の日系人が皆退散する中、プランテーションで住み込みの庭師などをしながら何とか生き延びる。「財産は取られても教育は取られない」という母親の信念で、9人の子どもたちは全員が大学に進学したが、ウォルターの長姉は1足の靴を大学の4年間履き続けたという。

【関連記事】