Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2Lターボ&モーターで400ps!!? 新型シビックタイプRは2022年登場へ!!! 

配信

ベストカーWeb

    先日、ホームページを通じ今夏を予定していたマイナーチェンジ版の発売延期がアナウンスされたホンダ シビックタイプR。 【画像ギャラリー】果たして次期型はどんな姿に!!? 改良型 限定版 予想CGをギャラリーでチェック!!!    新しい発売日についての情報が待ち遠しいところだが、そんな最中に今度は2022年次期型、つまりフルモデルチェンジの情報が入ってきた!!!   ※本稿は2020年6月のものを適宜修正しています 文:ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部 初出:『ベストカー』 2020年7月26日号

■ビッグマイナーチェンジ版は今夏の発売を再度延期

    現行型シビックタイプRのデビューは2017年7月だが、ベースとなるシビック自体は2015年秋に先行して北米、続いて欧州で登場しており、シビック自体のフルモデルチェンジが来年、2021年に計画され、開発が進行している。   次期型シビックにもタイプRは用意されており、現行型同様、最初からタイプRを念頭に置いた開発が進められている。   シビックタイプRといえば、現在は一時的に販売が中断しているが、それはホンダがアナウンスしているように、操安性能をより高めるための大がかりなマイナーチェンジを予定しているため。   その内容はすでに発表されているとおりで、エンジンスペックに変更はないものの、サーキット走行でネックとなる冷却性能を高めるためにフロントグリルの開口部を大きくするとともに、それによって悪化する空力性能をアンダースポイラー形状などの工夫でほぼイーブンに維持するなど、実にマニアック。   シャシーチューニングでは、フロントボールジョイントのフリクション低減による追従性向上や、リアサストーイン量増加によるリア接地性向上など、これまたマニアックだが確実にレベルアップする変更を加えている。   このビッグマイチェン、本来ならもうすでに販売開始の計画だったのだが、新型コロナウイルスによる影響で発売の延期が発表されている。   そんなさなかの"次期型タイプR"情報だ。

【関連記事】