Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

芸能界が狙う「地方局アナ30人」ダントツ1位は朝日放送・斎藤真美アナ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 7位は、関西テレビの谷元星奈アナ。 「愛知県出身で入社3年め。千葉大在学中には『ミス千葉大』に選ばれ、雑誌『non-no』の読者モデルも経験。入社直後から冠番組を担当し、最初から大物扱いされていた」(前出・テレビ局関係者)  華やかな経歴の一方、こんな声も。 「美人すぎないところに安心感が」(40代女性) 「表に出すぎない雰囲気がいい」(制作会社P) 『所JAPAN』など、全国ネットの番組を担当することが多く、2019年はドラマ初出演も果たすなど、正統派アイドルアナの王道を行く存在だ。

 8位のFBS福岡放送・小林茉里奈アナは、元AKB48。5年間在籍したAKB48を2015年に卒業し、2018年に入社した。 「最初は、『なんで福岡に来たの』と思ったけど、ぎこちない感じも魅力で大好き」(20代男性) 「最近、『ハケンの品格』の番宣でダンスを披露した動画がバズりました。さすが元アイドル、キレッキレのダンスでした」(前出・テレビ局関係者)

 9位は、あいテレビの河野未来アナ。地元出身で愛媛大卒、学生時代には「みかん大使」に選ばれた、まさに “愛媛の至宝”。 「ほかの地域からやってくる女子アナばっかりだっただけに、応援したい」(30代男性) 「すでに同局のエース的存在。同局には、ほかにも美人アナが多数在籍。女子アナ好きは要チェックです」(前出・テレビ局関係者)

 10位の静岡朝日テレビの佐野伶莉アナには、好意的な声が目立った。 「静岡県富士宮市出身で2016年入社。大学時代に『ミス明治学院』に選ばれています」(前出・テレビ局関係者) 「ルックス、性格、アナウンス能力と、地方に置いておくにはもったいないほど」(C局編成担当) 「しゃべり方や立ち振舞いが、ちゃらちゃらしていなくて好感が持てる」(40代女性)  地方局の人気女子アナを見つけるのは楽しいもの。視野を「GoToローカル!」に広げ、“ダイヤの原石” を探す旅に出かけたい。次のページでは、ランキングのベスト30と、惜しくもベスト10入りを逃した注目アナを紹介する。

【関連記事】