Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武士道と死刑制度──『花よりもなほ』で是枝裕和が示した映画の役割

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

<死刑制度を下支えする世相は理論よりも感情がベースになっている。『誰も知らない』と『歩いても 歩いても』に挟まれたこの時代劇はあまり話題にならなかったが、是枝の作家性を示す上でとても重要な作品だ>

<武士道より家族の幸せを願う侍もいたはず>

【関連記事】