Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BTSが生出演で後輩を激励!脱落メンバーも再登場の胸熱展開<I-LAND最終回>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

韓国発のサバイバル・オーディション番組「I-LAND」(ABEMA SPECIAL)の最終回が9月18日に放送され、7人組ボーイズグル―プ「ENHYPEN」が誕生した。グループ誕生の瞬間を見届けるため、スタジオにはBTS、TOMORROW X TOETHERも生出演。また、デビューメンバーと共に厳しい競争を繰り広げた「I-LAND」デビュー志願者13人も駆けつけ、総勢22人で感動のステージを披露した。(以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】2020年デビュー確定!7人組ボーイズグル―プ「ENHYPEN」の顔ぶれ ■ BTSも生放送で新グループ誕生を祝福 「I-LAND」は、2020年に新たなボーイズグル―プをデビューさせるため、BTSが所属するビッグ・ヒット・エンタテインメントと『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んだオーディション番組。 113日間の戦いの末、生放送で行われた最終回でイ・ヒスン(18歳)、ヤン・ジョンウォン(16歳)、ジェイ(18歳)、ジェイク(17歳)、パク・ソンフン(17歳)、キム・ソヌ(17歳)、そして日本出身で最年少のニキ(14歳)の7人組グループ「ENHYPEN」が誕生した。ダニエル(14歳)と日本出身のケイ(22歳)は脱落となった。※年齢は満年齢 BTSの生みの親パン・シヒョク氏が統括プロデューサーを務め、BTS専属振付師ソン・ソンドゥク氏ら一流スタッフが直々に指導を行い、テスト課題曲にも「FIRE」「FAKE LOVE」「DNA」ほかBTSの曲が使われるなど、新たに誕生するグループはBTSに続く世界的K-POPアーティストとして期待されている。 そして最終回には、世界的アーティストとなったBTSも出演。スタジオで後輩グループ誕生の瞬間を見守った。 ■ ジョングク「僕は情熱一つでここまで来ました」 ENHYPENに心のこもったメッセージを送ったBTSメンバーたち。 J-HOPEは「本質を忘れない、初心を忘れないことが大事だと思います。なぜアイドルになりたいと思ったのか、ここまで何を頑張ってきたのか。将来大きなアーティストになるために何を頑張るべきか。その答えはもう決まっていると思います。音楽を愛するその気持ちと、パフォーマンスへの努力と、情熱。それを忘れなければもっと輝く星のような存在になると思います」。 ジミンは「応援してくれる人を忘れず、メンバーを愛し、自分の仕事を愛すれば、いい結果が出ると思います。応援しています」。 ジョングクは「僕は情熱一つでここまで来ました。皆さんも今の気持ちを忘れず、自分の個性を発見して、成長してほしいです」。 RM「最初と最後はいつもつながっています。落ちた人にも新しいことが待っていると思います。いつか同じステージで会いたいと思います。諦めないでください!」など、それぞれ先輩アイドルとしての実感を込めた言葉でデビュー決定を祝福した。 ■ 日本人メンバー・タキも!候補生13人が集結 そしてこの日の生放送には、デビューメンバーと共に「I-LAND」を戦った13人のデビュー候補生も集結。全12回の放送で初めて全員でのパフォーマンスを披露し、世界中の「I-LAND」ファンに嬉しいサプライズを届けた。 再集結したのは、“パート2”で脱落したイ・ゴヌ、ハンビン、日本出身のタキ。そして“パート1”で脱落したチョ・ギョンミン、ピョン・ウィジュ、チュ・ジミン、チョン・ジェボム、ニコラス、キム・テヨン、チェ・ジェホ、チェ・セオン、イ・ヨンビン、ノ・ソンチョルの合計13人(キム・ユンウォンは健康上の理由で不参加)。 彼らはこの日のためにこっそり練習し、ファイナリスト9人と共にプロジェクト最初の課題曲「Into the I-LAND」(オリジナル楽曲)を披露した。 デビューを目指してトレーニングを積んできた22人による息の合ったパフォーマンスは圧巻のひと言。 「I-LAND」本編では全員が一度にステージに上がる機会はなかったため、これが最初で最後の全員でのパフォーマンス。デビューが懸かった本編での緊張感あるステージとはまた違い、一人一人が笑顔でパフォーマンスそのものを楽しむ姿が胸を打つ。本番に先立ち候補生たちがにぎやかに「I-LAND」を訪問する様子もVTRで放送された。 久しぶりの22人集結、そして脱落メンバーの久しぶりの番組出演に、世界中のファンからも喜びの声が殺到。午後10時頃、「#ILANDTheFINAL」がTwitterのトレンド世界一になったことも番組内で報告された。 厳しい生存競争を経て、勝者も敗者も一緒になって心から“音を楽しむ”という音楽の本質を見せてくれた22人の若者たち。「I-LAND」を経て成長した姿を見せたことが、それぞれのファンへの恩返しにもなったことだろう。それぞれの新たな目標に向かって歩き出した22人の門出を祝福したい、そう思わずにいられない最終回となった。 「I-LAND」最終回(エピソード12)はABEMAビデオにて配信中。(ザテレビジョン)

【関連記事】