Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

それ、本当に機械にやらせますか?  IT大手が語るAI 日本企業の大誤解

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊東洋経済

NEC 「大量データが宝の山」は誤解

<2017年7月8日号> NEC 「大量データが宝の山」は誤解 「今あるデータで、できることはほとんどない」。NECデジタル戦略本部の荒井匡彦シニアマネージャーは実情を明かす。 製造過程で蓄積したデータは大量にあるから、AIにディープラーニングさせれば何かできるだろう──。そんな漠然とした問い合わせが多い。が、何をしたいのかを詰めていくと、「宝の山」と会社側が思い込んでいた大量のデータが、実はそうではなかったのだと判明する。

本文:2,030文字

写真:4
  • NEC デジタル戦略本部 シニアマネージャー 荒井匡彦(撮影:田所千代美)
  • NTTデータ 第四金融事業本部 課長 安倍和夫(写真左) / 技術開発本部 課長 樋口晋也(写真右)(撮影:今井康一)
  • 日本アイ・ビー・エム ワトソン事業部 事業企画推進部長 林 克郎(撮影:今井康一)
  • 富士通 マーケティング戦略本部 統括部長 橋本文行

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

山田 雄一郎 :東洋経済 記者