Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

交換時期の前に減ったクルマのエンジンオイルは継ぎ足せば問題ない?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

エンジンオイルはロングライフ化が進んでいる

 エンジンを保護するために必要不可欠なオイル。1分間に何千回転も高速回転を続けるだけに、その役割は非常に重要なものと言える。 【写真】交換時期のオイルは新品時とまったく違う色!  そんな重要な役割を持つエンジンオイルだが、最近のモデルでは推奨される交換のタイミングは1年、もしくは1万5千キロというものが一般的で、一部輸入車などは2万5千キロ毎というロングスパンになっているものも存在しているほどだ。  しかし、交換までのスパンがここまで長くなると、なかには若干オイルが減ってしまう車両もゼロではないだろう。そんなとき、エンジンオイルを継ぎ足しで次の交換タイミングまでしのいでも問題ないのだろうか?

もっとも怖いのは油膜切れだが基本的には交換すべき

 結論から言ってしまうと、しっかり定期的にオイル交換をする前提であるならば、継ぎ足しでしのいでしまっても問題ない。エンジンにとって一番怖いのはエンジンオイルの量が適正値を下まわり、油膜切れを起こしてしまうことだから、とりあえず適正量の油量をキープすることは非常に大切なことなのである。  もちろん、決められたスパンでオイル交換をせずに、減った分だけ継ぎ足すというはオススメしない。言うまでもなくエンジンオイルも劣化し、次第に潤滑性能などが低下していき、オイルに含まれる不純物の量も増えていくため、本来の性能を発揮することができないからだ。  ただし、エンジンオイルの減少量が明らかに早い場合は、オイル漏れやエンジン内部の劣化によってエンジンオイルがガソリンと共に燃焼してしまっている可能性もある。その場合は速やかに修理工場などで点検、整備を行っていただきたい。オイル漏れは最悪車両火災に繋がる恐れもあるし、エンジンオイルを燃焼させてしまっているのであれば、環境にも優しくない。

小鮒康一

【関連記事】