Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【DeNA】奪首失敗 ソロ被弾のみの浜口を6回途中交代から逆転負け

配信

スポーツ報知

◆JERAセ・リ-グ 巨人―DeNA(30日・東京ドーム)  DeNAが6回に逆転を許し、0・5差で追いかけていた首位攻防初戦に敗れた。  初回、佐野の中犠飛、宮崎の中前適時打で先発の戸郷から2点を先取した。  2勝目を目指す先発の浜口は2回、中島にソロを許すも安定した投球を見せていた。6回、先頭の増田大に四球。丸を二ゴロに打ち取り1死一塁。まだ88球だったがラミレス監督は右の国吉にスイッチした。  国吉は坂本に粘られ四球、続く岡本に同点の右前適時打、2死後、パーラに勝ち越しの左前適時打を許した。  1点ビハインドの7回以降、三嶋、エスコバーと勝ちパターンを送り込んで意地を見せるも、エスコバーが丸に1号ソロ、岡本にも5号ソロを被弾した。  2勝目を逃した浜口は「調子自体は普通でした。直球があまり良い感触ではなかったのでコース、また変化球を丁寧に投げられたことは良かった。6回はテンポを意識し過ぎて慎重になり、先頭を四球で出塁を許してしまいました。大胆にいくところ、慎重になるところのメリハリをつけられるようにしたいです」とコメントした。

報知新聞社

【関連記事】