Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「トリニクイレブン」に選出された柏木由紀 “シーチキン”を「チキンと思って食べてました…」と告白

配信

ザテレビジョン

6月9日(火)の「そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?」は、「世界の村で発見!こんなところに日本人&そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?3時間スペシャル」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)として放送。 【写真を見る】珍迷解答を連発し、「トリニクイレブン」に選抜された柏木由紀、生見愛瑠ら11名の面々 平成生まれの解答者に、大石絵理、AKB48・柏木由紀、EXIT・兼近大樹、ジャニーズWEST・神山智洋らが、“平成生まれにオドロイター”(昭和生まれのパネラー) には、梅沢富美男、タカアンドトシ、千原ジュニアが登場する。 また今回から、平成世代の団結力が問われる新ルールが導入。 これまでは30人の平成世代がクイズに挑戦し、全員が正解すれば100万円獲得というルールだったが、今回から平成世代の中でも特に珍迷解答を連発してきた11人を「トリニクイレブン」として厳選し、11人がクイズに正解して得られる「トリニクポイント」の獲得数で豪華景品をゲットできるシステムへ。 問題の難易度によって司会の浜田雅功がクリアラインを設定し、11人中、正解者数がクリアラインを満たせば1000ポイントを獲得できる。 さらに、「トリニクポイント」は、次回放送へのキャリーオーバーも可能で、ポイントを貯めれば貯めるほど、クルーザーや高級車、一軒家などの景品を獲得できるチャンスが広がる。 ■ 「トリニクイレブン」さすがの珍解答 まず、オープニング問題には、ジャンルごとにまとめた人物の中から、ひとりだけいる“仲間外れ”を答える「仲間はずれはどれ?」が登場。11人中9人が正解すればポイント獲得となる問題は、「戦国武将の中に1人だけ超有名カメラマンがいる」という芸能人であれば誰もが正解できそうな問題が出題される。 また、誰もが知っている食べ物が“何でできているか?”を問う難易度の違う3問を出題。「もみじおろしってそもそも何?」という問題では、「もみじおろしを食べたことがない」という平成世代もいるようで、その珍解答には浜田をはじめ、梅沢も混乱するばかり。 そして、一般の平成生まれ正解率90%という間違えようのない「シーチキンってそもそも何?」というサービス問題にも関わらず、浜田が設定したクリアラインは、11人中6人というかなりハードルが低いもの。 しかし、「ずっと鶏のムネ肉だと思って食べてました…だまされてたのかな?」と横川尚隆が不正解を出すと、柏木も「私もチキンと思って食べてました…」と自身の不正解に驚きの表情。 さらに、最終問題にはポイントが倍になるというチャンス問題が登場。8つのイラストに描かれている“むかしばなし”を答えるという問題では、平成世代11人全員が挑戦し、8人正解でこれまでに獲得したポイントが倍に。 一見すると誰もが知っているような“むかしばなし”ばかりが登場しチャンスのはずが、驚きの展開が待っている。(ザテレビジョン)

【関連記事】