Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリックス・榊原 4回5四球で降板 押し出し四球で勝ち越し点献上

配信

デイリースポーツ

 「オリックス-ソフトバンク」(17日、京セラドーム大阪)  オリックス先発の榊原が4回3失点で降板した。  同点で迎えた四回、先頭の柳田、中村に連続四球。バレンティンを空振り三振、上林を中飛に打ち取ったが、2死から松田宣、甲斐に連続四球を与えて押し出しで勝ち越しを許すと、続く三森に適時内野安打を打たれた。  初回は先頭・栗原の投手前のゴロの処理を焦り悪送球で二塁に進めてしまい、そこから失点した。  「立ち上がりの場面は慌ててしまいました。ゲームを作ることができず、申し訳ないという気持ちしかありません」とコメントした。  打たれた3安打中、内野安打が2本。力のある球を投げながら、5四球と制球に苦しんだ。  五回に登板した2番手・荒西も先頭打者から2者連続四球のあと2失点と悪い流れを断ちきれなかった。

【関連記事】