Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大槻愛花(福知山成美高校)の用具紹介|俺の卓球ギア#70

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

名言が記されたこだわりの卓球ノート

大槻が愛用品としてあげたのは、卓球ノートとお守りだ。 卓球ノートには、日々の練習記録や対戦相手の対策はもちろん、心に残る名言も記されている。大槻は2つ印象的な名言があると教えてくれた。 「1つ目は『努力は必ず報われるわけじゃない。でも努力をせずに天才にはなれない』。努力をすれば必ず勝てるわけではないけど、諦めずに努力し続ければいつか必ず勝つことができると思い、辛いときも頑張れました。2つ目は『今できることを笑顔で楽しくすること』。試合本番では緊張してしまうけど、今自分ができることでしか戦うことができない。試合できることを楽しんで戦おうと思えました」。 「私の知らない間に作ってくれていました」というお守りは後輩たちからのプレゼントだ。「お守りのお陰で高校最後の大会を優勝することができたと思います。高校3年のときには1人でしたが、苦労したことはそれほどありません。一人一人集中して練習に取り組んでくれて、お互いレベルアップすることができました」と感謝を述べる。 福知山成美高校卓球部ただ1人の高校3年生として戦った大槻を支えたのは、後輩たちだった。大槻は最後にその後輩たちにメッセージを贈った。 「コロナや暑い日が続く中、よく頑張ってきました。今大会でも内容や結果を見て全員の成長を感じる試合だったと思います。これからもチーム一丸となって良い結果が出せるように頑張って下さい。一緒に頑張ってくれてありがとうございました!」 夏季大会の決勝戦後、「大学でも卓球をするつもりなので、優勝したことを自信に変えてこれからも楽しんでいこうと思います」と清々しい笑顔で語った大槻。挫折を乗り越え、後輩たちの想いを胸に勝ち取った優勝が大槻のこれからの卓球人生を支えていく。

山下大志(ラリーズ編集部)

【関連記事】

最終更新:
Rallys