Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】1996年7・20 WAR両国国技館 冬木弘道&邪道&外道vs高田延彦&佐野友飛&垣原賢人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 1996年7月20日 WAR 両国国技館 冬木弘道&邪道&外道vs高田延彦&佐野友飛&垣原賢人! WAR4周年記念6人タッグ王者決定ワンデイトーナメント決勝! 天龍源一郎&藤波辰爾&荒谷望誉、ジョン・テンタ&嵐&太刀光を撃破した高田組! 山崎一夫&飯塚高史&木戸修、長州力&小島聡&西村修を撃破した冬木軍! そうそうたる面々を下しなんとも新鮮な組合せの決勝戦! 先発の邪道の奥で色気むんむんの冬木・ザ・マッチョバディ! 素早いタッチワークで攻める高田組、佐野はローキックでダウンを取ると流れるようにSTSへ! その佐野を場外へ落としベルトでごちんとやって冬木・ザ・マッチョアピール! カッキーも臆する事なく冬木をシバきにかかる! しかし高田の腕ひしぎをみんなでカットし佐野&カッキーを場外へ蹴散らせばチェンジ・オブ・ペース! 邪道外道のツープラトンブレーンバスターに冬木がボディアタックで加重するスリープラトン! 続いてあの高田に4の字を仕掛ける冬木!そのセンスにニヤつきます!(笑) 高田も必死にエスケープすると、続けて高田を羽交い締めにしてラリアット! しかし高田はもう一発狙われてところを同士討ちさせ、冬木にソバット! まるで『ファイプロはこれをキャプチャーしたんかな?』と思わせる程のナイスフォーム! 起き上がり走ってきた外道のアゴ先をカウンターで蹴っ飛ばす高田、決着はやっぱり腕ひしぎ逆十字! 優勝に満面の笑みをたたえる高田!片や不満を隠さず引き上げる冬木! 試合後インタビューで不満と共に自身のプロレス感や信念を語る冬木の眼差しがめっちゃかっこいい! 今日もプロレス最高っ! 著者:AJスレンダー Twitter:ajslendertokyo 『元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 』365日分書き溜めております! プロレストークライブ企画・制作・券売など行っております。 キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と新旧格闘王mixでお応えします! 【実績一例】 「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」 「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」 「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」 「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」 「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など

【関連記事】