Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

紀伊半島大水害から「9年」…遺族の“語り継ぐ決意“

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

9月4日は、紀伊半島を中心に多くの人が犠牲になった豪雨水害からまる9年となる日です。

今この時も厳重な警戒が必要な台風が日本に接近していますが、毎年のように豪雨で犠牲者が出てしまう現実を少しでも変えたいと願う遺族がいます。

コロナの影響で…例年とは違う慰霊祭

毎年、多くの人が祈りを捧げていた慰霊祭。 今年は新型コロナウイルスの影響で式典は取りやめになりましたが、小雨の中、遺族と町長だけで花を手向けました。

遺族会の代表をしている岩渕三千生さん。

【遺族会代表・岩渕三千生さん】 「何年経とうが思いは一緒で、伝えていくことには変わりないんで。今も雨が降ってるんですけど、台風10号気をつけろよって雨なんかなって自分の中では解釈しているんですけど」

犠牲者29人…紀伊半島大水害

9年前、台風による記録的な豪雨で那智川が氾濫し、那智勝浦町では29人が犠牲になりました。 (28人死亡・1人行方不明)

家屋が押し流されてしまった集落。 救助の現場には岩淵さんの姿もありました。 【遺族会代表・岩渕三千生さん】(2011年9月) 「あれだけ顔が腫れとったらわからんわ。顔パンパンに腫れあがって唇も…」 被害から一夜明け、岩渕さんは自宅のある三重県から実家にかけつけ、中学3年生の甥、絋明さん(当時15)の姿を探しました。

濁流で家から流された紘明さんは、6日後、遺体でみつかりました。

その一月後、岩渕さんの父、三邦さん(当時76)も復旧作業をしている最中に倒れ、この世を去りました。

自分の命は自分で守れ…それしかない

8月13日、那智勝浦町の青岸渡寺へ法要に訪れていた岩淵さん。 毎年この時期には思いがこみ上げてきます。

【遺族会代表・岩渕三千生さん】 「盆から9月4日にかけてはずっと気持ちがブルーです。自分の気持ちがあがってこない。悲しんでばかりおれんので何か後世に残していかないと」

あれから9年。被害があった場所は復旧とともに砂防ダムなどの整備が進んでいます。 (国の砂防ダム工事約7割の箇所で終了) 住民の中には「もう思い出したくない」と当時を語ろうとしない人もいました。 その一方で、岩渕さんは各地で豪雨によって大きな被害が毎年出ていることに、もどかしさを感じています。

【関連記事】