Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アフターコロナのクルマがどうなるか考えてみた。【くるくら座談会・後編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるくら

アフターコロナのクルマと車社会について考えるオンライン座談会後編。引き続き、クルマの最新技術とライフスタイルを研究している三菱総合研究所の杉浦孝明氏と、カーナビやETCなどの開発に長く携わってきた浮穴浩二氏、それとくるくら記者の3名でお送りします。後編では、クルマの消毒方法から、カーシェアや観光などについてざっくばらんに話し合いました。 【すべての画像を見る】コロナ後、クルマを取り巻く環境はどう変る?

 車のある豊かな暮らしを提案する情報サイト、くるくらの「くるくらカーライフ座談会」第1回目後編。前編の話を引き継ぎ、クルマの消毒をどうすればよいかや、これからの観光、カーシェアリングなどについて、専門家のお二人とオンライン座談会で語り合っていきます。

カーシェアリングで気になるのは衛生面

くるくら記者(以下、記者):アフターコロナの移動手段として注目されているマイカーですが、前編では、マイカーをより安心して使う機能として、より高性能で使い勝手のいい空気清浄機能が必要だという話になりました。それ以外にはどうでしょうか? 浮穴さん、ITやITSを利用して、若い世代でもマイカーを利用しやすくなるような仕組みは考えられないでしょうか。 浮穴浩二(以下、浮穴):特に若者世代は、クルマを所有するのではなく、より手軽にカーシェアやレンタカーを使うことは多くなると思いますね。IT技術の進歩で借りる手続きなども簡単になったので、これからも伸びると思います。ただ、アフターコロナを意識すると、やはり気になるのは清掃や消毒でしょうか。みんなで使う公共交通みたいなクルマなので、より消毒が気になります。  レンタカー店で聞いてみると、戻ってきたクルマは5分間クリーニングするそうです。農薬を撒くようなポンプでスプレーをして、そのあとに拭く。この拭く作業が大変なようで、拭かないと意味がないのですが、そこに時間がかかっているようです。さらに、アルコールだと塗装が剥げてしまう可能性があるので次亜塩素酸を使うのですが、この臭いがきつくて、次のお客さんのために、臭いがなくなるまで空気を入れ替えることが必要なんだそうです。  それでもレンタカーはお客さんが変わるたびに清掃できるからいいのですが、カーシェアはいつクルマが戻ってくるか分からないし、そのたびに掃除する人を駐車場に配置することは、営業的に現実的ではないじゃないですか。だから、定期的な消毒は行うとしても、あとはお客さんにお願いするしかない。タイミングによっては、消毒できていないクルマを使う人が出てきてしまう可能性はあるでしょうね。  それで考えたのですが、ヨーロッパでは自動清浄機つきの公共トイレをよく見かけます。イギリスやオランダで増えてきているようですが、私はフランスで見かけました。用を足してトイレから出ると、自動で扉が閉まりクリーニングが始まります。便器だけではなく、個室全体を洗ってくれるんです。私が使った時には、かすかに次亜塩素酸の匂いがしてましたので、しっかり消毒されていることが分かりましたよ。時間はかかるけど、すごく安心感があります。カーシェアのクルマでも、あのように車内が丸洗いできれば安心ですよね。そこまでは無理としても、それに近い自動消毒くらいできるようになると、アフターコロナの時代にもカーシェアは伸ばせるんじゃないでしょうか。 杉浦孝明(以下、杉浦):レンタカーは、浮穴さんがおっしゃった通り、きちんと消毒と清掃をしていたら安心して受け入れられると思うんです。カーシェアのほうは、基本的にどんな人が前に乗ったか分からないじゃないですか。コロナ禍以前でも、誰が触ったか分からないハンドルは握りたくないという話を、特に女性ドライバーから聞いていました。そうなると、なんだかんだいっても、やはりマイカーが一番いいんじゃないかって話になりますね。  ただし、そこに2つポイントがあると思います。  1つは、今までは独身、既婚者に関わらず都心回帰という感じで、職場に近くて通勤に時間をかけずに済む場所が好まれていました。だから、電車で通えるし、クルマを必要としないという方が多かったと思うんです。でも、新型コロナでクルマがあった方が安心して暮らせるという意識がでてきたり、テレワーク化によって出社が週1~2日になってきた人も増えてきましたよね。そうなると、「職場に近くて通勤に時間をかけない住まい探し」という価値観以外の観点もありになってくる。そのとき、土地に余裕のある郊外を選択したら、たとえば、茅ケ崎とか八王子とか埼玉とかは、駐車場代も安くなりますしね。そうなれば、若い方でもクルマを買いやすくなるんじゃないかと思います。  2つ目は、中古車市場の活性化です。カーシェアというよりも、中古車市場がもっと活性化するのではないかと思います。10年落ち、10万キロ走ったクルマでも、性能的には問題ないのが最近のクルマの品質です。誰がハンドルを握ったかわからないカーシェアではなく、中古車でしっかりマイカーを所有した方が、自分や家族も安心できるという考え方もあるのではないでしょうか。 記者:たしかに、マイカーが持てるとベストなんですが、そこまではという若者もやはり残ると思うんです。カーシェアは消毒などの問題もありますが、でも、よくよく考えてみると、電車のつり革やイスもそうですし、カラオケのマイクもそうですよね。極端な話、賃貸のアパートだって「前に誰が住んでたの?」ってことを考えると、今までは消毒してるよ、クリーニングしてるよっていわれれば、信用して使っていました。今後カーシェアも、適切な消毒は必要ですが、それが当たり前になってくれば、意外と普通に受け入れられていくのかなとも思います。  暑い時、寒い時にお米とか重いものを買いに行くときとか、ちょっとしたときに気軽に使えるクルマがあると嬉しいです。自転車に乗るような感覚というか、自販機でお金を入れてジュースを買うぐらいの感覚で気軽にパッと利用できれば、カーシェアもいいなと思います。もちろん、消毒済みで。 杉浦:そうなると、近くで借りられるというのが、カーシェアの使命になりますね。東京でも環状八号線より外側に行くと、カーシェアの場所まで数百メートルあったりすることもあるようです。距離があるとカーシェアの便利さが減って抵抗感が出てきてしまうので、住む場所とのバランスの問題になってくるかと思います。

【関連記事】