Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「バーで1人飲み」失敗しないデビューの作法。“とりあえずビール”はアリ?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊SPA!

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―  筆者は最近、仕事に絡んで大学生もしくは新社会人という20代前半の人たちと絡むことが多くなってきました。基本的に打ち合わせは、原価BARに来てもらうのですが、よくよく話すとバーには入ったことがないと言います。しかも、その理由が「チャンスがないから」ではなく、「なんとなく怖いから」というのはもったいなさすぎます。そこで今回は、1人でバーデビューするためのノウハウを紹介します。

1人デビューにふさわしいバーの見つけ方

 まずは、店選び。「BAR-NAVI」というサイトで駅名などを入れると、ズラっと候補が出てきます。そのなかから、写真と紹介文を見て行きたいなと思うところを探し、価格をチェックしましょう。  バーといっても、店側が名乗ってしまえば、そこはバーです(笑)。カウンターがあって、少し店内が暗くて、お酒のボトルがズラっと並んでいる……。そんな店にチャレンジしたいなら、「詳細を見る」をクリックして写真をチェックしましょう。  予算を控えめにしたいなら、「5000円未満」のお店を選ぶといいでしょう。ちなみに、ほとんどが喫煙可になっていますが、まだ今年4月1日の「原則屋内禁煙」がサイトに反映されていないケースが多いだけです。煙がどうしても嫌ならあらかじめ電話などで確認してみましょう。  ちなみに、記載でガールズバーとなっているのは女性が接客してくれる店です。テキーラバーやワインバーというのは、そのお酒をメインで置いているということです。一般的なバーは、ショットバーやオーセンティックバーと記載してあります。  店が決まったら、突撃しましょう。オススメは平日です。少なくとも、金曜日は避けましょう。混雑するので、筆者も1人飲みは避けます。また、21~23時のゴールデンタイムも避けたほうが安心かもしれません。盛り上がって楽しくなるかもしれませんが、仲間に入れないとつまらない時間を過ごすことになる可能性もあります。早い時間帯なら比較的ヒマなので、お店の人が話相手になってくれる可能性が高くなります。

【関連記事】