Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【本気のオーラルケア】美しい歯をキープする<正しいフロスの使い方>

配信

集英社ハピプラニュース

おうち時間が長い今こそ、オーラルケアを見直して、輝く白い歯を手に入れて。美しい笑顔も、おいしく食べられるのも、健康な歯があってこそ! そのためにはまず、フロスの使い方を見直しましょう。 【写真】オーラルケアにおすすめのアイテムまとめ 教えてくれたのは... ●歯科医師、口腔外科医 新谷 悟先生 東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック院長。2019年に歯科口腔外科医として「ベストドクター」に選出される。著書は『歯と歯ぐきを強くする噛みトレ』(アスコム)など。

美しい笑顔も、おいしく食べられるのも、健康な歯があってこそ! そのためには“フロスファースト”

バイラ世代の今だからこそ、見直したいのがオーラルケア。 「人と話すときにいちばん目がいくのは口もと。歯が黄ばんでいたり、歯並びが悪かったりしたら、それだけで見た目印象がマイナスに。また、虫歯や歯周病、知覚過敏、口内炎などがあったら食事も楽しめません。人前で思い切り笑えるのも、食べ物をおいしく食べられるのも、キレイで健康な歯があってこそなのです。ですからオーラルケアはとても重要なのですが、ほとんどの人が正しくできていません」と新谷悟先生。そんな新谷先生がすすめるのが、歯ブラシでなく“フロス”でのケア。「日本では歯ブラシでの歯磨きが重要とされていますが、欧米ではなによりフロスが大事とされています。大人の虫歯ができやすいのは、歯と歯の隣接部分ですし、歯が抜けてしまう原因となる歯周病も、歯と歯の間や、歯と歯茎の境目にたまる歯垢が原因。これらは歯磨きでは取り除けず、フロスなら可能です。ですから私は歯磨きよりまずフロスをする“フロスファースト”をおすすめします。毎日フロスをすることが健康で美しい歯のキープにつながります。ぜひ今日から始めてください」

\フロスを使いこなすのがオーラルケアの大前提!/ 正しいフロスの使い方

1. フロスを歯間に入れる フロスを歯と歯の間にしっかりと深く入れる。フロスは、Y字形でも、普通の糸状のものでもどちらでもOK 。

2. フロスを側面にあてる きれいにする側の面にフロスをぐっと押し当てる。

3. フロスを引き上げる フロスを側面に沿わせて引き上げる。終わったら、逆側も同様にしっかりと奥までフロスを歯間に入れ、側面に押し当て引き上げる。すべての歯間を行って。 イラスト/五月女ケイ子、きくちりえ<Softdesign LLP> 取材・原文/和田美穂 構成/渡辺敦子<BAILA> ※BAILA2020年6・7月合併号掲載

【関連記事】