Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「テコンドーはグローバルスポーツとして定着」…「テコンドーの日」を祝う=トーマス・バッハIOC会長

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長は、テコンドーがオリンピックの正式種目に採択されて20周年を迎えた今年、「テコンドーの日」を祝うメッセージを伝えた。 【写真】もっと大きな写真を見る トーマス・バッハ会長は4日、世界テコンドー連盟(以下、WT)が「テコンドーの日」と「テコンドーのオリンピック正式種目デビュー20周年」を迎え、ソウルのWT事務局にお祝いのビデオメッセージを送り、「テコンドーが、26年前にオリンピックスポーツとして採択され、オリンピックの価値を重視し、世界中の人々を集めるグローバルスポーツとして定着した」と明らかにした。 4日は、1994年9月4日にフランスのパリで開催された第103回IOC総会で、テコンドーがオリンピック正式種目に採択されたことを記念する「テコンドーの日」となっている。 特に、今年は2000年のシドニーオリンピックからテコンドーが正式種目として競技が行われて、20周年を迎える年になる。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】