Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伊藤沙莉が心中告白「失敗を怖れて一歩が踏み出せない」

配信

otocoto

女優の伊藤沙莉が、6月29日に都内で行われた映画『小さなバイキング ビッケ』の公開アフレコ収録に出席した。 今や国民的漫画ともなっている『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏にも多大なる影響を与えたとされる、スウェーデンの世界的児童文学「小さなバイキング」シリーズ。 その映画化に伴い今回、主人公・ビッケの声を担当することになった伊藤は、男の子の声を務めるのが念願だったようで「嬉しかったです!」と喜びをあらわにすると、一方で「(原作は)母の世代がドンピシャなので、母に(ビッケの声を)やると言った時が一番緊張しましたね」と苦笑いを浮かべていた。 また、報道陣を前にしての公開アフレコに「やりづらかったです(笑)。声で表現する仕事の時は顔は完全にオフで、見られちゃマズイ顔をしていますし(笑)」とおどけながらも、男の子の役作りに関しては自信をのぞかせるなど、持ち前のハスキーボイスが大きな武器となった様子だった。 さらに、幼い頃は興味のあることに“ゾッとするくらい”一直線な女の子だったと振り返った伊藤だが、今ではその性格も真逆になってしまったらしく、「今は石橋を叩いても渡らないタイプですね(笑)。(人生を重ねて)失敗することが怖くなってきたんだと思います。一歩踏み出すのに時間がかかるようになりました」と胸の内を明かしていた。 なお、この自粛期間中は、自宅にカラオケを搭載して、伊藤曰く“一生”歌いまくりながら、同時に人間的な生活を送るため料理にも励んでいたそうなのだが、「花嫁になる予定はまだないです。悲しいけれども・・・」と、花嫁修業が実らないことに肩を落とす伊藤だった。 『小さなバイキング ビッケ』(イオンエンターテイメント/AMGエンタテインメント配給)は、スウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンによる児童文学「小さなバイキング」シリーズを原作に、何でも黄金に変えてしまう魔法の剣の秘密を解き明かすビッケの冒険を描いた、完全オリジナルストーリー。

取材・文/佐々木誠

【関連記事】