Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Wienners「非日常の興奮」を届けたい 新譜で見せるバンドのアティチュード:インタビュー

配信

MusicVoice

 4人組ロックバンドのWiennersが5月13日、約2年ぶりとなるニューアルバム『BURST POP ISLAND』をリリース。既に先行配信された「ANIMALS」やアサミサエ (Vo/Key/Sampler) がメインボーカルを務める「ULTRA JOY」などライブ感に満ちた11曲を収録。インタビューでは『BURST POP ISLAND』の制作背景についてアンケート形式で行い、今彼らが見ているバンドの未来について聞いた。【取材=村上順一】

Wiennersの音楽性を端的に示すものにしたかった

――『BURST POP ISLAND』というタイトルはどのようにつけられたのでしょうか。込められた想いをお聞かせください。 玉屋2060% アルバムのコンセプトはまず開けたもの、我々の世界観がちゃんとみんなに伝わるもの、そしてテンションが高いものにしたいという構想でした。タイトルはWiennersの音楽性を端的に示すものにしたかったので、とても迷ったのですがこのタイトルになりました。 アサミサエ 「自分たちの音楽性を表すタイトルにしよう」ということを念頭に置いて話し合いました。なかなか決まらなかったのですが、玉屋さんが出してくれたこのタイトルに決まりました。 ∴560∵ 今作はアルバム1枚のコンセプトと言うより「今どんな曲どんな音を鳴らしたいか」という感覚で1曲1曲作ったものが集まった感じだったので、タイトルは今のWiennersを表すものにしたいねと皆で案を出し合いました。BURST POP ISLANDは玉屋がめちゃくちゃ沢山出した案の中にあった一つなんですが、このアルバムのサウンドも表せてるし1stアルバム『CULT POP JAPAN』を踏まえながら今作メジャーでもっかいデビューするぞ!みたいな気持ちも込められて気に入ってます。 KOZO メジャーアルバムとして発売する時に、これまでのWiennersを知らない人が見ても、タイトルひと目で「Wienners」というバンドがどういうバンドかわかる名前がいいね、とメンバーで相談していたんですが、なかなかしっくり来るものが見つからず、このタイトルに決まるまでかなり難航しました。それゆえに、『BURST POP ISLAND』に辿り着いた時は、これだ! という感じがしました。メンバー各々に解釈があるとは思うんですが、WiennersのPOPさをとても明確に説明してくれるタイトルになった気がします。強さ、派手さ、優しさ、人懐っこさ。聴く人、観る人、感じる人、それぞれの大きな意味でのPOPさで捉えて楽しんで貰えたら嬉しいです。アルバムを制作する上で、ライブを想定して作っていたというのは今までよりも強くありました。 ――ジャケット写真はどのようなイメージで制作されたのでしょうか。 玉屋2060% アルバムの持つバースト感、開けた感じ、陽の雰囲気をバーン!という感じで作ってもらいました。 ∴560∵ アルバムの曲達やタイトルが決まってから、デザイナーのShinya Hanafusa氏と僕が直接連絡をとってイメージの共有をしました。Wiennersの音って一筋縄では行かないというか、キャッチーだけどクセがすごかったり勢い任せに見えて繊密にできていたり、そんなバランス感をとにかくデカく!バーン!って表したい、みたいな事を話しました(笑)。 何度かの擦り合わせをしながらこのデザインが来た時はすごく興奮しましたね。すごい好きです。 ――前作から約2年振りとのことですが、この2年間それぞれバンド活動にどのような手応えを感じていますか。それぞれ考えていたことなど教えてください。 玉屋2060% この2年はライブに焦点を絞って「どんなライブがしたいか」を考えて試しての繰り返しでした。その中でやはり「非日常の興奮」を届けたいという点に絞って、端的にいうとモッシュダイブがあるようなライブがしたいという方向にどんどん向かって行って、実際その興奮と熱狂がお客さんと分かち合えるようになってきた手応えはツアーを回る度にどんどん増していきました。 アサミサエ 今までよりもリスナーの方、ライブに来てくれる方を想像して活動に取り組むようになりました。楽曲、ライブ、グッズ、配信etc…全てのことにおいて、みなさんにより楽しんでもらおうと思う気持ちが膨らんでいきました。一つひとつの行動に対して、外側に意識を向けるようになったら、自然とステージ上での演奏面の塊感、メンバ-4人の雰囲気も確実に変わってきたことを実感しています。 ∴560∵ 前作のアルバム『TEN』の後はライブ会場限定の作品を作って、それを持って全国ワンマンツアー。その後にもう一作ライブ会場限定を作って全国ツーマンツアー。ライブで実際にある熱量、その場でしかない空気というものを改めて確かめ高められた期間でした。  CD屋にも並んでない配信もされてない曲をこれだけの人が一緒に歌ってくれる、という光景は自信にもなったし、Wiennersはどうあるべきか? と考えることがあればこれからの指標になるような重要な経験だったと思います。でも音楽はネットを通じて世界中の人に聴いてもらいたいな、とも思います。 KOZO アルバムの発売自体は2年ぶりではあったんですが、その間に会場限定音源である『SUPER THANKS, ULTRA JOY』、『BATTLE AND UNITY』を出してツアーを回っていました。その時に、お客さんと一緒にライブを作るというか、爆発していたというか、メンバーだけじゃない、お客さんも含めた大きなエネルギーのようなものを、感じることが多くなりました。それを手応え、と呼べるかは分からないですが、メンバーとお客さんとの空気は2年前よりもひとつになっていった、ような気がしています。

【関連記事】