Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GKマルティネス退団決定のアーセナル、アイスランド代表GKルナルソン獲得でディジョンと協議

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

アーセナルがアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)の獲得に向けてディジョンと協議しているようだ。 【動画】救世主アルテタのアーセナルでのハイライト アーセナルでは2019-20シーズン、FAカップ制覇に貢献したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)が守護神を確約してもらえなかったことからアストン・ビラ移籍が近づいていると報じられている。 そんな中、15日には自身のインスタグラム(emi_martinez26)で「アーセナルファンが応援してくれたので玄関から出て行くのを幸せに感じる」と語り退団することを報告。今週中にもアストン・ビラ加入が発表されるとみられている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、アーセナルはドイツ代表GKベルント・レノ(28)、第2GKにイングランド人GKマット・メイシー(26)が控える状況だが、この競争に入ることが可能なルナルソンをリストアップしたようだ。 レイキャヴィクの下部組織出身で、17歳でプロデビューを果たしたルナルソンは、ノアシェラン(ノルウェー)への移籍を経て、2018年夏からディジョンでプレー。反射神経に優れているGKで、2019-20シーズンはリーグ・アンで11試合に出場していた。 また、アイスランド代表としても5試合出場。ディジョンとの契約は2年残っている状態だが、将来が期待されている守護神だけに、獲得となれば大きな戦力になりそうだ。

超WORLDサッカー!

【関連記事】