Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

知事公認の“吉村マスク”が通販で3万枚秒殺完売 10月初旬から店舗で販売、大阪みやげの目玉に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
まいどなニュース

■用意した約3万枚が秒殺で完売 大阪府内の工場で製造し、吉村洋文知事(45)がパッケージに描かれた「大阪マスク―吉村知事バージョン―」(30枚入り2000円、税別)が通販サイトを通じて販売され、約3万枚が秒殺で完売した。10月初旬からは府内の店舗にも並ぶ予定。すでに7月から「大阪マスク」を販売していた販売会社は、今回投入した「吉村知事バージョン・マスク」に、新たな大阪名物として大きな期待を寄せている。 【写真】こちらは小学生が自由研究で描いたマスクを着けた吉村知事の似顔絵 一時はマスク不足で日本中が混乱したが、いまや安定供給されている。そんなマスクが、大阪ではおみやげアイテムになった。大阪で絶大な人気を誇る吉村知事。すでにTシャツやマグカップ、缶バッジなどアイドル並みの豊富な品揃えで、グッズが店頭に並んでいるが、マスクは初めて。18日から“吉村マスク”を売り出したトータルベネフィットの担当者は「用意していた1000箱がすぐに売り切れました」と、“吉村効果”に驚いていた。 同社は主に、パチンコホールの集客イベントを企画・運営する広告代理店。取引のある業者を通じてホール向けにマスクを納品していたが、業者が大阪府豊中市内に製造工場を稼働させた。大阪のためにひと肌脱ごうと、マスクの“地産地消”を企画。7月に大阪の街をマスクで救う「大阪マスクプロジェクト」を立ち上げた。 ■無償での使用許可を得て、前代未聞の公認グッズが誕生 府内で生産したマスクを「たこやきの匂いも防げる?ノーズワイヤー」「豚まんよりもふんわりやわらか?」「お好み焼きみたいな?3層構造」が売りの大阪マスクとして販売開始。府内の店舗で委託販売し、手数料を支払うことでコロナ禍にあえぐ店舗を支援する計画だ。 販売価格の10%は、医療従事者を支援する府の「新型コロナウイルス助け合い基金」に寄付。8月末時点で約92万円が集まり、府から感謝状が贈られた。同社の担当者は「大阪で生まれた会社なので何か恩返しをしたかった。大阪の経済を回さないといけないし、医療関係者も支援したい」と、プロジェクト立ち上げのいきさつを語った。 「大阪マスク」はパッケージで大阪みやげをうたい、道頓堀などの土産物店でも販売。順調な売り上げを見せていたが、土産物店で目玉になっていた吉村グッズに目をつけた。大阪を代表するデザインとして、知事の顔写真やマンガのキャラに仕立てたパッケージデザインを吉村知事の事務所に打診。無償での使用許可を得て、前代未聞の公認グッズが誕生した。 秒殺完売で早くも増産が決定。今月にも府のコロナ助け合い基金への寄付金総額が100万円を突破する見込みだ。同社ではプロジェクトに参加する委託販売店を募っており、観光地や駅売店への販路拡大も呼びかける。「利益は正直ありませんが、コロナがなくなって、もうマスクいらねぇよ…となるまで続けていきたい」と担当者。“吉村マスク”が大阪名物として、おみやげコーナーに並び始める。 (まいどなニュース/デイリースポーツ・杉田 康人)

まいどなニュース

【関連記事】