Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもが化粧やメイクをしたがる!どこまで許容する?まずは子どもの本音を聞いてあげて

配信

ベネッセ 教育情報サイト

教育評論家の親野智可等先生が、保護者からの質問にお答えします。 【質問】 小6の長女が、友だちの影響でおしゃれに興味を持ち始めました。洋服、靴、バッグへの興味から始まって、最近はメイクなどの化粧、ネイルやペディキュアもしたがります。 どこまで許容したらいいでしょうか?一切禁止したほうがいいのでしょうか? カタコリびと さん(小6女子)

【親野先生のアドバイス】

拝読しました。 これはなかなか難しい問題ですね。 化粧に興味を持つのは、ある意味、成長の証でもありますが、親として心配になるのもまた当然です。 ただ、心配のあまり、子どもの気持ちを無視して「一切禁止」と押しつけても、うまくいかないでしょう。 子どもは「親に言ってもムダだ」と思うようになり、隠れてするようになる可能性が高いといえます。 この年代では、親よりも友だちとの関係を重視しますので、なおさらです。 それに、地域、学校、集団によって「相場」というものもあります。 何事についてもそうですが、化粧についても、子どもを取り巻く環境の相場というものがあるのです。 それとあまりにもかけ離れてしまうと、よほど強い子でない限りつらくなります。 親がその相場を知らないまま、「ウチはウチ。ダメなものはダメ」と押しつけてもうまくいきません。 ですから、まずは、おしゃれ、化粧、メイクなどについての子どもの本音を共感的に聞いてあげることが大切です。 「だってみんなやってるもん。自分だけやらないなんてムリ」「おしゃれして、かわいくなりたい。きれいになりたい」「目が小さいから大きく見せたい」など、本音を話せるようにしてあげてください。 そして、「そうなんだ。みんなやってるんだ」「かわいくなりたいっていう気持ち、わかるよ。女の子だものね」など、共感的に聞いてあげましょう。 決して上から目線で一方的に話すことなく、一人の人間同士としてうなずきながら、横から目線で聞くようにしてください。 次に、親も子どもに伝えたいことを話します。 例えば次のようなことです。 ・化粧品には有害な化学物質が含まれていることもある。子どもの肌は弱くて敏感なので、それらを吸収しやすい。大人よりもかぶれやすい ・特に目の周りや唇などで皮膚のトラブルが起きやすい ・子どものうちから化粧をしていると、アレルギーを発症するリスクが高まる ・ハイヒールは成長途中の子どもの足を変形させる可能性がある ・子どものうちから先の細い靴を履いていると外反母趾になりやすい ・露出度の高い服は性犯罪を誘発するリスクが高まる

【関連記事】