Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大熊の復興...『着実』に前へ 大川原で初栽培の「酒米」初収穫

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民友新聞

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から9年半を前にした9日、昨年4月に一部地域で避難指示が解除された大熊町の大川原地区で本年度初めて栽培した酒米が収穫された。また、3月に立ち入り規制が緩和された下野上地区では、町出身の大学生たちが成人を記念し小学校にモミの木を植樹。震災から10年を前に少しずつ自由に出入りできる地域が広がる中、さまざまな取り組みが進められている。  「どんな稲ができるのか心配だったけれど、そこそこに実った」。大熊町農業委員会の根本友子会長(73)は、大川原地区の田んぼで黄金色の稲穂が刈り取られる様子を見つめた。  町は除染が完了した同地区で2014(平成26)年度から17年度までコメの試験栽培を実施。検査で放射性セシウムが基準値を下回ったことから18年度から実証栽培を進めている。本年度は町役場西側の水田43アールで酒米「五百万石」の実証栽培にも取り組んできた。酒米は「新たな特産品」とすることを目指し、会津若松市の酒蔵で日本酒にしてもらう。原発事故後、役場を一時避難させた縁から、酒造りが盛んな同市とのつながりを保とうと企画した。

【関連記事】