Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

音楽を「殺さない」ためにできることとは 新型コロナで各地の関係者が苦境に陥る【世界から】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 新型コロナウイルスの感染拡大は世界中の音楽シーンに深刻な影響を与えている。クラシック音楽の本場であるヨーロッパでも3月以降、オーケストラやオペラの上演が休止に追い込まれた。  感染拡大が落ち着いたことを受けて、活動を再開し始めるなど明るい兆しはある。それでも、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つためにコンサートなどの収容人数は制限されており、収入面では依然として先の見えない状態が続いている。(チューリヒ在住ジャーナリスト、共同通信特約=中東生)  ▽感染で中止になった公演も  ヨーロッパのクラシック音楽シーズンは毎年9月に開幕する。ドイツのバイエルン国立歌劇場は9月1日に新作オペラ「マリア・カラスの七つの死」を初演した。  この新作オペラは、来年任期を迎える同歌劇場のニコラウス・バッハラー総裁による「遺産」として制作された。13年という長きにわたってトップに居続けたバッハラー総裁にとってこの作品への思い入れは人一倍強かったようだ。

 あくまでもうわさだが、ロックダウン(都市封鎖)中に作品を上演しようと模索したほか、稽古を行ったことでバイエルン州から厳重注意を受けたとされている。  バッハラー総裁の思いが通じたのだろう。初演は無事に終わり、その後の公演も順調に開催されている。とはいえ、現在受け入れ可能な観客数は500人。同歌劇場の客席数はおよそ2100なので盛り上がりに欠けるのは否めない。それでも、今は受け入れなければならないのだろう。  コンサートはいわゆる「密」になりがちだ。それゆえ、集団感染が起きやすい。感染者を出してしまうと、演目を中止に追い込まれかねない。そうなると、収入減を招いてしまう。クラスター(感染者集団)が起きないよう、音楽関係者が神経質になるのは自然なことだ。  実際にロシアのボリショイ劇場では出演者が新型コロナウイルスに感染したことが9月7日に判明している。「ドン・カルロ」に出演していた、ともに現代オペラを代表する歌手であるアンナ・ネトレプコとイルダール・アブドラザコフが感染したのだ。このため、演目そのものが中止されてしまった。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS