Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新人記者がトラックマンのショールームに行って「AI搭載」の最新モデルを試してきた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

プロゴルファーが練習で使用している距離弾道計測器トラックマンが6月15日にショールームをオープンしたという情報を聞きつけ、ゴルフ大好き新人記者S子が早速行ってきました!果たしてどんなところだったの!?

こんにちは!新人記者S子です。みなさんは普段の練習から計測器を使用すること、ありますか? 私は簡易的な計測器を使用していますが、昨年プロのトーナメントの練習場でよく見たのがトラックマンですよね。 そんなトラックマンが6月15日に都内にショールームをオープンしたと聞き、さっそく足を運んできましたよ! まず、なんでショールームをオープンしたのか、トラックマン代表取締役の庭山章氏に話を聞いてみました。 「トラックマンはツアープロ、ティーチングプロだけでなくインドアのゴルフビジネスでも導入されるようになりました。そして最近では『ちゃんとした数字をもとにレッスンを受けたい』というインドアゴルフのお客さまや、家で練習するために購入したいと言うアマチュアゴルファーのお客さまが増えてきたんです。そこでデモスペース確保のためにもインドアのショールームを作ることにしました」

なるほど~、家にトラックマン……。うらやましい……。ともかく、プロが外で使うというイメージを持っていたトラックマンですが、今では売り上げの半分はインドアみたいです。 さて、実際に足を踏み入れてみると、ショールームに設置されているのは最新モデル“トラックマン4“。最新のアップデートではAI”TRACY(トレーシー)“という機能が追加されたことみたいですが、具体的にどういう機能なのでしょうか?

「飛距離やスピン量といった数値が表示されるのではなく、TRACYでは数球打つだけで弾道の高さとショットの精度を数値化していきます。90点だとプロ並みですが、その数値を上げていくために一番最初に意識するべきところが表示されます」 なるほど~!スウィングの数値を測るだけじゃなくて、改善の提案までしてくれるわけですね。早速S子のクセを見てもらっちゃいました!

【関連記事】