Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“コオロギ柿の種”登場 コオロギ粉末を使用、アヒージョ・タコス・トムヤンクンの3つの味

配信

ねとらぼ

 コオロギ粉末を使った柿の種「未来コオロギ柿の種」が登場しました。コオロギ専門ショップ「コンフェクショナリー・コオロギ」で6月15日に先行販売(270円)予定で、現在予約を受け付けています。 【アップ画像】「未来コオロギ柿の種」  手掛けたのは2016年から食用コオロギでお菓子とおつまみを作る「MNH」。柿の種の味は「世界紀行」をテーマにしたアヒージョ味(スペイン)、タコス味(メキシコ)、トムヤムクン味(タイ)の3種類です。  MNHではこれまでも、カナダ産のオーガニックコオロギを使って、「スーパーコオロギおつまみせんべい」(260円)やラーメン味のパフ菓子「未来コオロギスナック2」(200円)、牛乳をかけてシリアルとしても食べられる「スーパーコオロギ玄米スナック」(280円)、コオロギをローストした「スーパーコオロギおつまみ」(345円)を製造してきました。  「未来コオロギ柿の種」の発売を記念してコオロギお菓子とおつまみを詰め合わせのセットを6月30日までの期間限定で販売。昆虫食は食糧危機を解決するスーパーフードともいわれており、無印良品が「コオロギせんべい」を発売するなど注目が高まっています。

ねとらぼ

【関連記事】