Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大分親子遺体、殺人で捜査 体に多数の刃物傷

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 大分県宇佐市安心院町荘の住宅で、血を流して死亡していた住人の郵便配達員山名博之さん(51)と母高子さん(79)について、県警は4日、2人の体に多数の刃物の傷が確認されたと明らかにした。殺人事件と断定し、捜査を始めた。 【写真】殺人や死体処理、スマホで検索 大阪の会社代表遺棄

 2人は3日午前、ダイニングキッチンのテーブル付近にあおむけに倒れていた。首に刃物で切られたような痕があり、近くに血の付いた包丁が落ちていた。県警は司法解剖を進め、首以外にも複数の傷を確認した。掃き出し窓が施錠されておらず、侵入経路を調べる。  一方、現場は物色された形跡はなく、玄関や勝手口などは施錠されていた。

【関連記事】