Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『クレしん』30周年、担当編集が明かす「子どもに見せない」から「親子で楽しむ」の変化の過程

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 連載スタートから30年。アニメや映画も間もなく30年という長い歴史の中で、多くの子どもたちに親しまれてきた国民的キャラクター『クレヨンしんちゃん』。放送開始当初は「教育に悪いお下品なアニメ」のイメージを持たれがちだったが、いつしか国民的アニメへ変化を遂げたのは、何故なのか。2002年より双葉社の『月刊まんがタウン』で臼井儀人先生の編集担当、後に編集長を務めてきた、「ライツ事業部クレヨンしんちゃん編集室」室長の鈴木健介さんにインタビューした。 【漫画】新旧『クレしん』読み比べ、懐かしの“ぞうさん”や“げんこつ”が新シリーズでは…? 新キャラも公開 ■硬派な大人向け漫画誌で連載スタート、女子高生きっかけで人気アニメに ――『クレヨンしんちゃん』の連載スタートは1990年。スーパーマーケットを舞台とした4コマ漫画『だらくやストア物語』の登場人物の一人、スーパーだらくやの創業者・二階堂信之介に、当時の編集者(林克之氏)が目をつけ、その幼少時のキャラを独立させて始まったものだと聞きます。 【鈴木健介さん(以下 鈴木さん)】そうですね。連載を開始した『Weekly漫画アクション』は、硬派な大人向け漫画誌だったので、内容的には大人向けに描かれていました。実は30周年の一環として、著作権者のらくだ社さんにもお伺いして、単行本未収録作品を掲載しようかと思っていたんですよ。でも、今読み返すと、例えば女性の先生のスカートの中に潜り込んで、先生が「ああん(ハート)」って言うとか、「これはちょっと、あかんだろ」と思うようなギャグもいろいろあって、「やめておこうか」と(笑)。もともと『アクション』の読者ターゲットである大人に寄せているので、シュールな内容が多かったんです。ただ、当初から反響は非常に良く、連載開始から2年経たずにアニメーションが始まり、女子高生をきっかけに人気に火が付いたと聞いています。 ――アニメが子ども向け番組にされたのはなぜだったんでしょうか。 【鈴木さん】もともとテレビ朝日で月曜夜7時の子ども向けアニメ枠があり、そこで4月から放送する企画を探していたそうです。そこで広告代理店・旭通信社(現・ADK)の方が『クレヨンしんちゃん』を推し、シンエイ動画を経て双葉社に打診したと聞きます。ただ、非常に順風満帆に聞こえますが、実はアニメ化前に雑誌の方針などを含めて、連載をやめるという話もあったらしいんですよ。でも、その時は編集部員たちの間で「すごく面白い」という声があがり、続けることになったそうです。 ――アニメは初回から人気だったんですか。 【鈴木さん】いいえ。実は原作が当時は無名だったこと、宣伝をあまりしなかったこともあり、初回視聴率は4.0%でした。それが第二話で6.4%と微増し、そこからジワジワ上がり、第7回で初めて10%を超えてからは、ほぼ毎回10%超をキープしていました。さらに、93年7月には28.2%を記録しています。とはいえ、初回視聴率が悪かったときも、関係者はアニメの仕上がりに自信を持っていたそうです。「ギャグアニメ」ではなく、『サザエさん』や『ちびまる子ちゃん』のようなホームドラマテイストにしたことが結果的に大ヒットに結び付いたとも言われています。

【関連記事】