Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エールフランス、A380退役前倒し 新型コロナ影響、9機

配信

Aviation Wire

 エールフランス-KLMグループは現地時間5月20日、傘下のエールフランス航空(AFR/AF)が運航するエアバスA380型機について、運航を終了すると発表した。中国から拡散した新型コロナウイルスの影響によるもので、退役を当初の2022年から前倒しする。  A380は総2階建ての超大型機で、エールフランスは9機保有。このうち4機がリース機で、5機が購入機となる。今後はA350やボーイング787型機など、既存機への置き換えを進める。  新型コロナの影響などにより、A380を運航停止する航空会社が相次いでいる。カンタス航空(QFA/QF)は9月まで、12機中8機の運航を停止。最大顧客のエミレーツ航空(UAE/EK)は、115機中46機の退役を検討している。全日本空輸(ANA/NH)は、4月に完納を予定していた同社向け3号機(登録記号JA383A)の受領を半年程度遅らせる。  ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)が所属するルフトハンザグループは、新型コロナ発生前の2019年3月に、保有する14機中6機をエアバスへ売却する方針を発表している。  エアバスは2021年に、A380の引き渡しを終了する。

Yusuke KOHASE

【関連記事】