Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「オンライン演劇」でエンタメはどう変わる? 脱出ゲームの運営会社が仕掛けるZoomを活用した「SECRET CASINO」の可能性とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

誰かと気軽に対面することが難しくなった昨今、オンラインライブ・フィットネスなど、オンラインでエンタメを楽しむ動きが加速している。そんな環境下で好評を得ているのが物語の中に入り込んで没入体験が味わえる「オンライン演劇」だ。 今回取り上げるのは、「リアル脱出ゲーム」を企画運営する「株式会社SCRAP」が手掛けるオンライン演劇『SECRET CASINO』。好評につき8月28日から9月27日まで再演が決定、堀江貴文氏も「おもしろかったし感動した」とツイートするなど、気になる要素が多いこの作品について、ネタバレを含まない体験談と株式会社SCRAP 執行役員であり、『SECRET CASINO』のコンテンツプランナーでもある、きださおりさんの取材を交えてお届けしよう。

参加者の「言動」によって物語の結末が変わる

本公演で使われているツールは、オンラインミーティングやイベントなどでおなじみの「Zoom」。指定のリンクをクリックすると、YouTubeの映像が現れ、映像内で表示された秘密のパスワードを入力すると、オンラインナイトパーティの会場に移動できる。

この演劇には、以下のコンセプトが存在する。 「あなたは、とある依頼を受けてこのパーティに潜入することになった。依頼主の正体は不明。依頼の内容、それは「このパーティの秘密を探り当て、誰も死なせないこと」だった」 なんだかミステリアスな雰囲気が漂うが、これだけ聞いてもよくわからない。物語が後半に差し掛かるにつれて、このミッションの意味がつかめてくるはずだ。

オンラインナイトパーティ会場ではディーラーの女性が待機していて、場を盛り上げている。参加者は最初の時点ではミュート状態が求められるが、ディーラーが参加者に話しかけたタイミングで、ミュートを解除して会話することが可能になる。 通常のオンラインイベントでは、一度画面に入ると基本的にそこから抜けることはないが、『SECRET CASINO』の場合は、カジノルーム、BAR、ライブルーム、マジックルームがあり、気分によって場所を変えながら空間を楽しむことができる。 この「空間を移動する操作」に慣れるまで、最初は少し戸惑うかもしれないが、一度要領をつかめればスムーズになるはずだ。 しばらくは、この4つのルームを移動しながらパーティーを過ごすことになり、すっかり与えられたミッションを忘れそうになるものの、物語が動くのは中盤から。 ここからの展開はネタバレになるため触れることはできないが、それまでの和気あいあいとした空気感から一転して、猛スピードで展開していく。物語の結末は、その公演の参加者に委ねられるため、ぜひ画面越しの世界に没入しながらストーリーを引っ張る体験をしてみてほしい。

【関連記事】