Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

母乳を飲む男性たち、「女性への暴力」と専門家が初の予備調査 ウガンダ

配信

The Guardian

 ジェーン(仮名)さん(20)の夫は母乳が好きだ。「夫は、味が好きだし、元気になると言っている。母乳を飲んだ後、気分が良くなると」と、生後6か月の子どもを持つウガンダ在住のジェーンさんは話した。  ウガンダ、そしてタンザニアやケニアの一部地域では、男性がパートナーの母乳を飲むのは珍しいことではない。しかし、この慣習は現在、ジェンダーに基づく暴力および強制的な行為と見なされ、また赤ちゃんの栄養摂取に影響を及ぼすと懸念されている。  現在、男性が母乳を飲むという慣習について初めてと思われる予備調査が行われ、この現象の原因とそれによる影響についても調査が進められている。研究は、ウガンダの首都カンパラにあるキャンボゴ大学と英ケント大学が行っており、グローバル・チャレンジ研究基金(GCRF)が支援している。プロジェクトの研究主任は、公衆衛生を専門とする英国の行動科学者ロウィーナ・メリット博士だ。  今回、調査が行われたのは、ウガンダ中部にある農村地域ブイクウェ県。ここでは、男性がパートナーの母乳を飲む行為は一般的だと報告されている。  研究チームは、「ボダボダ」と呼ばれるバイクタクシーの運転手として働く4人の男性に対し、匿名の聞き取り調査を実施。  予備調査では、男性は多くの場合、赤ちゃんが母乳を与えられる前に、通常は1日1回(1回約1時間)、時にはそれより多く母乳を飲むことが分かった。  調査に協力した男性らは、母乳を飲むと元気が出ると回答している。「そのおかげで持ちこたえられる。昼食に帰宅して、母乳を飲むと、仕事のストレスから解放される」とトーマス(仮名)さんは話した。  キャンボゴ大学の上級講師で今回の調査に協力したピーター・ルクンド博士は、「一部の地域社会では、母乳には活力を与え、病気を治す力があると信じられている。HIV(ヒト免疫不全ウイルス)やエイズ、がんといった病気さえもだ」と話す。  ある男性は研究者らに対し、次のように話した。「母乳を飲むと、まるで子どもみたいに面倒を見てもらっているような気分になる。それが病みつきになる。王子のような気分になるんだ」  この問題に関し、女性には選択肢はほとんどないようだった。「私たちが話を聞いた人々によると、かなり強制的な行為のようだ」とメリット博士は加えた。  もし女性がノーと言ったらどうなると思うかと尋ねたところ、ある女性はこう答えた。「母乳を飲ませなかったら、夫はよそに行ってしまうのではないかと思う」

【関連記事】