Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【斉藤和巳のパ・リーグ順位予想】連戦続きの日程で浮沈を決めるのは選手層。ルーキー&新外国人はあくまで「プラスα」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。現役時代はプロ野球史上7人目の投手五冠を達成し、パ・リーグ初の沢村賞を複数回受賞した斉藤和巳氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。 【斉藤氏のパ・リーグ順位予想】 1位 ソフトバンク 2位 楽天 3位 ロッテ 4位 日本ハム 5位 西武 6位 オリックス  今年の順位予想ほど読めないシーズンはありません。故障者、調子の良し悪しというのも、今年は特に難しい。ですから、「計算ができるかどうか」がキーワードになります。新チーム全体の力、投打のバランスをベースにどれだけ昨年からの上積みがあるのか。外国人・ルーキーはあくまで「プラスα」として捉えて予想を立てました。やはり今年は連戦が多いので、カギとなるのは「選手層」。特に投手の頭数をどれだけ揃えられるのかがポイントになるかと。  3月時点(1位・ソフトバンク、2位・楽天、3位・日本ハム、4位・西武、5位・ロッテ、6位・オリックス)の順位予想と今回の“新しい”開幕に関して、まず考えたのが「日程」面です。連戦が続くので、やはり投手、特にリリーフの層が必要になってくると考えました。    2年連続リーグ優勝の西武を5位というのは驚きもあるかもしれませんが、彼らが勝ってきた原動力は打線でしたので、投手力を考えると順位を落とさざるを得ません。逆に、3月に5位としていたロッテは、昨オフに美馬学やハーマン、ジャクソンと実績ある投手を補強しました。すこぶる層が厚いわけではないですが、強みになると思います。種市篤暉や二木康太など若手先発投手も出てきていますしね。  3月時点では千賀滉大や高橋礼ら故障者の多さをソフトバンクの懸念材料にしましたが、その時でも1位予想でしたし、彼らが開幕からほぼほぼ稼働できることを考えると、やはり盤石でしょう。確かにグラシアルとデスパイネのキューバ人スラッガーの来日の目途が立っていないのはマイナスでしょうが、とはいっても層の厚さは群を抜いています。  また、ここにきて栗原陵矢など若手が頑張っています。首脳陣も計算には入れていないでしょうが、間違いなくプラスになってくれそうな感じがしますね。個人的には古谷優人がイチオシです。日本人左腕歴代最速の160キロのスピードだけでなく、マウンド上の投げっぷりも素晴らしいので、古谷をどう起用していくのか楽しみです。  

【関連記事】