Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メーガン妃&ダイアナ妃は瓜二つ! 驚くほど似ている両妃の公務ルック5選

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

永遠のファッションアイコンであるダイアナ妃。彼女の意志を受け継ぐかのように、メーガン妃は王室メンバーだった頃、亡き義理の母を連想させる公務ルックを披露していた。そこで両妃がそっくりだったスタイルを振り返ってみよう。 【写真】この2人も! キャサリン妃がダイアナ妃とそっくりだった45の瞬間

ピンクボタントップ

1995年11月24日、アルゼンチンへの公式訪問中にダイアナ妃はピンクのスカートスーツを着用。2018年6月9日、メーガン妃はトゥルーピング・ザ・カラーで、キャロリーナ ヘレラのくるみボタンのついたドレスで登場。

ブラック襟付きドレス

1984年11月1日、ロンドンの慰霊碑での追悼式で、ダイアナ妃はブラックのコートドレスにポピーのピンで登場。2018年4月25日、メーガン妃はエミリア ウィックステッドのビスポークドレスにフィリップ トレーシーのハット、ダイアナ妃と同じくポピーのピンを付けて、ウェストミンスター寺院のアンザック・デー礼拝へ。

トレンディーなタキシード

1987年、ダイアナ妃はナイトクラブへ、ホットピンクのディテールの入ったシックなタキシードでお出かけ。メーガン妃は、アイルランド訪問中にそっくりのジバンシィのパンツスーツを着用。

ピンクのコートドレス

1995年、ダイアナ妃は連隊訪問の際にヴェルサーチェのライトピンクのコートドレスを着用。メーガン妃はそのモダン版と言えるルックを、ロンドンのサウスバンク・センターで行われたネルソン・マンデラ100周年記念展を訪れた際に着用した。

ネイビーのレース

1996年、夜のイベントに煌めくネイビーブルーのドレスをまとったダイアナ妃は驚くほど美しかった。この色の魅力はタイムレスであることを証明するかのように、それから数十年後、メーガン妃は出演したドラマ『SUITS/スーツ』のプロモーションに同じように威厳あるネイビーのレースのアンサンブルを着ていた。

【関連記事】