Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

守護神に抜擢されたカープ菊池保則「しびれる場面で投げられる幸せ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 2018年11月にトレードでカープに移籍すると、加入1年目の昨シーズンはフル回転し58試合に登板。そして今季はストッパー候補の相次ぐ不調もあり、守護神を任されることなった菊池保則。7月8日のDeNA戦では、3点リードの最終回にストッパーとしてマウンドに上がり、ランナーを背負ったものの無失点で切り抜けてプロ初セーブをマークした。 【写真】新井貴浩×石原慶幸「語ろう!俺たちのカープ愛」  今やカープのブルペンに欠かせない男になった右腕は、どのような道のりを辿り、ここまで登りつめたのか? 昨季終盤に収録したインタビューから、改めて新天地での成功の秘訣を探る。 (『広島アスリートマガジン』2019年10月号掲載) ◆移籍初年度に懸けた想い ─ これまでのシーズンとはやはり充実感が違いますか? 「プロ野球選手は、一軍で投げて初めて仕事ができていると言えますし、すごく充実感はあります。良くない時期もありましたが、なんとかそこでも粘ることができましたし、楽天時代から含めて大きなケガをしたことがないのも、一軍で活躍できている一つの要因だと思います。高校時代から手術をしたことがないので、体の強さは自分のウリの一つだと思っています」 ─ 改めてトレードのお話を聞いた瞬間はどのようなお気持ちでしたか? 「時期が時期でしたし、『事務所に来てくれ』と言われた瞬間にピンと来ました。一番最初に思ったのは、『どこのチームなのかな?』ということです」 ─ 移籍先を聞いた時はいかがでしたか? 「リーグが違いますし、二軍でも対戦がなかったので情報がありませんでした。広島に知り合いもいなかったので、知らないところに行くという不安はありましたね」 ─ 実際カープでプレーされてどのような印象を受けましたか? 「若い選手が多くて、元気のあるチームだなと思いました。キャンプの練習のときから中でみんな話しかけてくれたので、やりやすい環境でやれていると思います」 ─ 新しい環境でスタートするシーズンでしたが、これまでと気持ちの部分で違いはありましたか? 「楽天から移籍するときにコーチに『移籍1年目が大事だ』という話をされたので、開幕からしっかりアピールしていこうと思いました。なかなか楽天でも結果が出ていなかったので、厳しい状況だったこともあり、チャンスを頂いた感覚でした。やっぱり第一印象が大事だと思っていたので、移籍初年度でしっかりアピールしていこうという思いは強かったです」 ─ セ・リーグとパ・リーグの打者の違いは感じますか? 「大きな差は感じませんが、強いて言うならパの方が足が速い選手が多い印象があります。クイックは楽天時代に練習して体に染み付いていたことが、今に生きています。走者への対応で苦労することはありませんね」

【関連記事】