Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バランス感覚を鍛えよう! 体の土台をつくるトレーニング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

スポーツでは、筋力よりもバランス能力が重要視されることはご存知でしょうか。 いくら筋力があっても、パワーを発揮する土台が不安定だと、パフォーマンスが低下してしまいます。ゴルフスイングにおいては、ショットの安定性を欠く一つの要因となります。 練習場では平らなところからボールを打つことができますが、ラウンド時はコースの傾斜によってボールの位置が変化します。足より高いまたは低い位置にあったり、足元が滑りやすくなっていたりと状況はさまざまです。 そこで今回は、どんな場面でも安定したスイング姿勢をとるために、バランス能力を養うトレーニングを紹介します。

シングルレッグ・ヒップリフト

1:仰向けになり両ひざを曲げ、両手を胸の高さまでまっすぐ持ち上げます。 2:両足で踏ん張って、お尻を床から持ち上げます。 3:背中からひざまで一直線の姿勢で10秒キープします。 4:余裕があれば右足を床から離して、ひざを伸ばしてみましょう。 ※片足で支えることで、トレーニング効果がアップします。 5:左右10回ずつ行いましょう。

シングルレッグ・ツイスト

1:足を骨盤幅に開き、胸の前でうでをクロスします。 2:右足を床から離し、片足立ちになります。 3:下半身を固定させたまま、体幹を左右に10回ずつ回転させましょう。 ※バランスを崩さないように注意してください。 4:反対側も同様に行います。

シングルレッグ・ロー&プレス

1:足を骨盤幅に開き、前かがみの姿勢で、両手を前に伸ばします。 2:右足を浮かせて片足立ちになり、右の肩甲骨を後ろへ引き、左の肩甲骨を前へ押し出します。 3:下半身を固定させたまま、左右のうでの位置を入れ替える動きを繰り返します。 4:左右に10回ずつ回転させましょう。 5:反対側も同様に行います。 これらのエクササイズを行うことで、バランス能力が向上し、どんな場所からでも安定したスイングを生み出せるようになります。ぜひ試してみてください。 (協力/ケアくる)

【関連記事】