Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スポーツは「見る」“だけ”でも健康になる? 東京五輪前に知りたい脳と身体への影響

配信

REAL SPORTS

スポーツ庁が実施した「スポーツの実施状況等に関する世論調査」(平成30年度)によると、成人の週1回以上のスポーツ実施率は55.1%となっており、「スポーツ基本計画」ではこれを早期に65%程度にまで引き上げることを目標に掲げている。 その背景に、高齢社会に伴い膨張し続ける医療費がある。2017年度には過去最高の42.2兆円となり、30年前と比較して2倍以上にもなった。スポーツによって健康増進、健康寿命の延伸を図ることで、医療費を削減することを狙いの一つとしている。 だが、スポーツは「する」だけではなく、「見る」だけでもその健康効果を得られることをご存じだろうか? 東京オリンピック・パラリンピックを目前に控えた今、あらためてスポーツを「見る」ことの効能を考えたい。 (本記事は、8月21日に『REAL SPORTS』で掲載された記事を掲載しています)

テストステロン値の上昇と「ウィナーズ・エフェクト」は見る人にも

スポーツ中継で「手に汗握る」という言葉を聞くことがある。どちらが勝つか分からない大接戦に興奮している様子を表しているが、「手に汗握る」というのは単なる比喩表現ではない。見ているだけの観客も、試合の興奮や緊張で、汗ばんでいることがある。実際にプレーしている選手ほどではないにしても、試合中に血圧や心拍数、ホルモン値などが変化している。見ているだけの人間も、あたかも自分がやっているかのように感じて、身体も反応しているのだ。 米シラキュース大学のアラン・メーザー教授によると、テニスや柔道で勝利した選手は、試合後に男性ホルモンの一種であるテストステロン値が高まるという。(1) 男性ホルモンのテストステロンは、競争をするときに上昇し、勝者はテストステロンの上昇が維持される。このテストステロンの上昇の維持によって、勝者はさらに積極的な行動を起こすことができる。これは「ウィナーズ・エフェクト(勝者効果)」と呼ばれるものだ。 このウィナーズ・エフェクトは、スポーツを「する人」だけでなく、「見る人」にも当てはまる。1994年のFIFAワールドカップ決勝で、試合を観戦した人のホルモン値の変化を調べた研究がある。この大会の決勝はブラジル対イタリア。0-0のまま決着がつかず、PK戦で勝負が決まった試合だ。ファンにとっては、これ以上ないくらい、ハラハラ、ドキドキする展開だったといっていいだろう。米ユタ大学のポール・バーンハード教授のグループが、米国内でブラジルファンが集まったレストランと、イタリアのファンが集まったピザのレストランで、それぞれテレビで試合を観戦していたファン(両サイド合わせて計21人)の男性の唾液を採取し、テストステロン値を調べた。優勝したブラジルを応援していたファンのテストステロン値は高いままだったが、負けたイタリアを応援していたファンのテストステロン値はやや低くなっていたという。(2) 面白いことに、このような現象が見られるのは、人間だけではない。他の魚の争いを見ているだけの「観戦魚」のホルモン値も変動するそうだ。攻撃性のある淡水魚のシチリッド種を水槽の中で戦わせ、その戦いをマジックミラーのように一方からしか見えないガラス越しに同種の他の魚に見物させるという実験では、「観戦魚」の尿中のテストステロン値が上昇したと認められた。(3)

【関連記事】