Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GACKT、ロックダウン緩和後の高級葉巻店で“自分ルール”披露 「迷ったら両方買う」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 坂上忍がMCを務める『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)6月11日放送回ではGACKTに密着。2週間にわたり、ロックダウン緩和後のマレーシアで暮らすGACKTに迫った。また、GACKTは番組にもリモートで参加。スタジオゲストとして、カズレーザー(メイプル超合金)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、本仮屋ユイカが出演した。  新型コロナウイルスの影響で、3月18日にGACKTが自宅を構えるマレーシアは全土でロックダウンに。4月9日に放送された『直撃!シンソウ坂上』の緊急生放送にリモート出演したGACKTは行動が制限されている街の現状を伝え、まだ危機感が弱かった日本に警鐘を鳴らした。あれから約1カ月後、5月4日に条件付きでロックダウンが一部緩和されたマレーシア。GACKTの姉がビデオカメラで撮影を行い、ロッグダウン緩和後にGACKTが初めて外出した時の映像を映した。GACKTがまず車で向かったのは、クアラルンプールの中心街にあるマレーシアのショッピングモール、PAVILION。入口で検温を済ませて駐車場に入るが、クアラルンプールでは係員が駐車を請け負うため、慣れない駐車に戸惑うGACKTは「世界で5本の指に入る方向音痴なんです」と意外な弱点を明かす。  また、GACKTと共にショッピングモールをまわる姉は、GACKTよりも10歳年上、そしてかなりの酒豪だという。フィリピン在住、現在はマレーシアでGACKTの生活をサポートしている姉について、GACKTは「今はボクが持っている船やジェットスキーを管理してくれている」と説明。そんな仲の良い姉との外出で、GACKTは自然体な姿を見せる。飲食店なども営業を始めたショッピングモールで、GACKTは行きつけの高級葉巻店へ。すぐに葉巻用のライターと葉巻用のケース、灰皿などを購入した。スタッフに迷ったりしないのかと聞かれたGACKTは、「迷ったら両方買う」と自分ルールを披露。この日、葉巻店での合計額は120万円だった。  それから、また1カ月後。GACKTは3カ月ぶりの外食に出かける。ロックダウン以前はほぼ外食だったというGACKTは「1日1食」「毎日運転して外出する」とまたもやルールを紹介。後輩の運転に苛立ち、途中で交代したGACKTはいきつけのメキシコ料理店を訪れた。仲間と共にお酒を酌み交わす中、昨年発売した自身のビジネス書『GACKTの勝ち方』のサンクチュアリ出版社長も打ち合わせのために来比。自身がプロデュースするポーカー番組『POKER×POKER~業界タイマントーナメント』(ABEMA)について、GACKTは熱く語った。他にも、GACKTは5つ星ホテルに入っている高級フレンチレストランを姉を訪れる。そこでは、マレーシア産の高級キャビアやサーモンに舌鼓を打った。  そして1年前、坂上忍が訪れたGACKTが住むクアラルンプールの豪邸。番組では、プールとリビングが一面に配置、バーカウンターやジムも設備された1700平米の自宅を紹介していた。以前はそんな大豪邸にバンドメンバーやスタッフを呼び、賑やかに過ごしていたが、ロックダウン中は愛犬と過ごし、オリジナルの自粛ソングを制作するなど行動を自粛。GACKTが音楽の道以外でも稼げるように始めた富裕層向けの不動産ビジネスも、今は売上が乏しく、元の販売価格よりもかなり値下げする必要があるという。そんな中、「自粛期間中に、いかにスキルアップした自分でスタートできるか」を見据えるGACKTは、英語塾や女性向けのトレーニングなど、新ビジネスをスタート。  次回6月18日の放送で、ビジネスの詳細が明らかとなる。また、厳しい状況が続く音楽業界への想いも明かす予定だ。

苫とり子

【関連記事】